【厳選】子供に習わせて本当に良かったおすすめ習い事ランキング9選

こんにちは。琵琶湖の自然体験施設BSCウォータースポーツセンターのキャンプディレクターのたつやです。

子供にとって、学校や家の外での習い事は、自分の好きなことや得意なことを学べる場です。
ぜひともスポーツや音楽など、新しいことに挑戦させてみましょう。

また習い事を始める上では、子供とよく話し合って、何に興味を持っているかを考えることが重要です。
この記事では「本当に通わせてよかった」と思えるような、おすすめの習い事を9つ紹介していきます。

子供に習い事をさせている家庭の割合

現在、小学生の家庭では子供に習い事をさせている割合は6割を超えています。

子どもの習い事について親に質問したところ、「習い事をしている」が63.4%となり、約3人に2人が習い事をしていることがわかりました。

引用:株式会社バンダイ

最近では習い事をするのが当たり前の時代になってきており、習い事を始める年齢も次第に低年齢化しています。

2019年には幼児教育の無償化が始まり、浮いたお金を習い事の月謝に回せるようになりました。
そのため、幼稚園の年中・年長あたりで習い事を始める家庭はさらに増えていくことでしょう。

子供に習い事をさせるメリット

習い事をすることで得られるメリットはたくさんあります。

  • 自分の好きなことに対して興味や好奇心が育つ
  • 学校以外にも新しい友達づくりができる
  • 自分の能力を伸ばす力が付く

まずは自分がやりたい事に対して、興味を持ち自分で努力する力がつきます。

習い事をするメリットについて78%の親が「子どもの興味・関心が広がる」、デメリットについては84%の親が「お金がかかる」と答えている

引用:ReseMom

そして子供の頃は知識や経験を吸収する力が強く、体験すること一つ一つが大きな刺激になります。
自分の能力を伸ばす力は、大人になっても必ず役に立つはずです。

また新しいことに挑戦し、できた時に褒められる機会が増えます。
そのため、習い事を通して自分に自信をつけることができるでしょう。

子供におすすめスポーツの習い事

①水泳・スイミング

おすすめ度 ★★★★★
月謝 6,000~7,000円
特徴 ・体力・心肺機能が高くなる
・初期費用が少なくて済む
・スクールバスが利用できる

昔から「肺が強くなる」と言われ、長年人気の習い事として水泳が挙げられます。
水泳は初期費用もほとんどかからず、男女ともに人気のスポーツです。

16,170名を対象に行ったアンケートによると、最も人気の習い事はやはり「スイミング」。幼児の23.0%、小学生の33.6%が習っていました。両方のアンケート結果を見ると、およそ3割の子がスイミングを習っていて、就学前から始める子も小学生から始める子も多い

引用:こどもまなびラボ

また水泳をすることで水の中では水圧によって呼吸筋が鍛えられ、体力作りに最適です。
実際に水泳をすることで体の調子が変わったと実感できる口コミもあります。

週に2回通っていたので、かなり体力がつきました。扁桃腺が大きく風邪を引きやすかったのですが、とても丈夫になりました。
中学校に入り部活を選ぶ際にも水泳が大好きだったので、すんなり水泳部を選ぶことができました。(女性/30代前半・4歳の時に習い始め)

引用:famico

さらに、水泳は左右両側の筋肉をバランスよく使います。
決まった手足を集中的に使わないことから、怪我のリスクも少なく安心して通わせることが可能です。

そして習い事で水泳をすることで水への恐怖心がなくなり、海や川で遊ぶことも楽しくなります。
また水の中はリラックス効果もあると言われており、子供のストレス解消にもおすすめです。

②団体スポーツ(野球やサッカーなど)

おすすめ度 ★★★★☆
月謝 3,000~5,000円
特徴 ・運動神経がよくなる
・上下関係を学べる
・仲間と協力する力がつく

野球やサッカーなどの団体スポーツも人気の習い事です。
小学校3~4年生頃から習い始める男の子が多く、クラブチームや学校で活動する地元チームに所属します。

さらに団体スポーツは同級生だけでなく、上下いろんな学年と協力しなければなりません。
そのため、小さい頃から上下の繋がりを学ぶことができます。

また、球技をすることで運動神経がよくなることもメリットです。特に小さい子供は、3歳〜12歳までに運動神経が発達します。

ゴールデンエイジ期とは3歳から12歳ごろまでの子供が最も神経系の成長が著しい時期を言います。この期間に体の使い方を学ぶことでその後の運動神経に大きく関わるのです。その体の使い方を学ぶ上で球技は有効的な習い事になるでしょう。

引用:子供の習い事図鑑

③武道(剣道や空手など)

おすすめ度 ★★★☆☆
月謝 3,000~6,000円
特徴 ・礼儀が身につく
・姿勢が良くなる
・集中力が高くなる

「礼に始まり礼に終わる」と言われる、剣道や空手などの武道もおすすめです。
武道は礼儀作法を重んじるスポーツであり、忍耐力や精神力も身につきます。

特に相手と一対一で戦う競技では集中力が必要です。
稽古の始まりに黙想をしたり、他のスポーツでは経験できないような集中力を高めることができます。

さらに、武道には小さい子供から級・段の審査があります。
空手では、級が上がるごとに帯の色が変わっていくため、子供にとってもモチベーションになります。
昇給・昇段審査のために自分で努力する力は、大人になっても役に立つでしょう。

子供におすすめの勉強系の習い事

①英語・英会話

おすすめ度 ★★★★★
月謝 6,000~8,000円
特徴 ・海外の人とコミュニケーションが取れる
・英語の授業で役立つ
・脳や耳が英語に慣れる

2020年度から英語が小学校で必修化されました。
そのため、近年子供に習わせたい習い事として親に人気です。

臨界期は幼児期から思春期(11〜12歳ごろまで)であり、その時期を過ぎると言語習得能力が徐々に失われるため、母語と同じレベルでの第二言語の習得はできないとしています。

引用:Japanese&English

子供の頃から脳や耳が英語に慣れておくと、大人になっても英語を習得しやすくなります。
例えば「rとlの発音の違い」など、日本人が聞き慣れない音に関しては早めの英語学習が大事です。

また、学校の授業に加えて英会話に通ったとしても、必要な勉強量を補うことができます。

「日常に支障がないレベル」で日本人が英語を使えるようになるには、約2000~3000時間が必要といわれています。一方、日本の学校教育においては、小学校から大学生まで合計しても、1000時間にすら達しません。

引用:KidsDou

学校の授業とは違い、英語の授業では外国人の先生と話したり遊びながら覚えることができます。
習い事として通えば、英語の楽しさを身につけることができるでしょう。

②塾や通信教育(公文やベネッセなど)

おすすめ度 ★★★★☆
月謝 塾:7,000~15,000円

通信教育:3,000~5,000円

特徴 ・受験対策に最適
・子供同士で競争心が働く

子供の学力をアップさせるためには、小さい頃から塾や通信教育も視野に入れていきましょう。実際、小学生の約半数が学習塾に通っています。

小学生の通塾率は約46%、中学生の通塾率は約61%、高校生の通塾率は約27%となっています。

引用:Education Career

ちなみに学習塾の種類は様々です。

  • 集団塾(進学塾)
  • 個別指導塾
  • 少人数指導塾

などがあります。

もし、小学生の頃から中学受験も考えている場合は、小学校4年生頃から集団塾に通うのがおすすめです。

また勉強が遅れがちだったり、集団での勉強が苦手な場合は個別塾もいいでしょう。

さらに最近では通信教育も人気です。通信教育ではテキストの勉強だけでなく、近年タブレットを使った学習が主になってきました。
動画やゲームをしながら楽しく学習ができるため、勉強に苦手意識がある子供におすすめです。

またわからない点があれば、先生とのやりとりで疑問を解消することもできます。
お子さんの学力を向上させたい方は、通信教育も選択肢の一つとして候補に入れてみましょう。

③プログラミング

おすすめ度 ★★★☆☆
月謝 6,000円〜10,000円
特徴 ・ITに強くなる
・想像力が豊かになる

2020年度から小学校では、プログラミングの授業が必修化されます。
そのため、プログラミングもここ数年前から人気が出始めた習い事です。

プログラミング教室ではゲームやロボット作りなど、簡単なものから楽しく学ぶことができます。
実際、パソコンやスマホが身近な存在である今、アプリ開発や動画作成に興味をもつ子供が多くいます。

また子供向けの試験である「ジュニアプログラミング検定」も誕生し、本格的に知識として身に付けたい小学校高学年〜の子供に人気です。

子供・小学生におすすめのプログラミング教室5選|口コミ人気のプログラミング教室を比較

子供の教養に良い習い事

①ピアノ

おすすめ度 ★★★★★
月謝 5,000~8,000円
特徴 ・音感やリズム感がつく
・記憶力が鍛えられる
・脳機能が育つ

ピアノは3歳くらいから始めることができます。
手を使って耳や脳をフルに使うことから、脳に良い刺激を与えて脳機能を育てることが可能です。

海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです。

引用:藤巻ピアノ音楽教室<

さらには小さい頃からピアノを始めることで、絶対音感がつきます。
絶対音感とは、聴けば何の音か感覚的に分かることです。
歌やその他の楽器でも活用でき、一生ものの財産になります。

他にも譜面を覚えるために集中力・暗記力を高めることにも繋がります。
ピアノは個人レッスンが主ですが、少人数のグループレッスンも友達と楽しく習うことができます。

②ボーイスカウト

おすすめ度 ★★★★☆
月謝 3,000~4,000円
特徴 ・ボランティア精神が育つ
・探究心が鍛えられる

ボーイスカウトはボランティア活動や、キャンプなどを通して野外での遊びを学びます。
さらには募金活動、地域での清掃など、学校では経験できない社会活動をしていく団体です。

今では世界では169の国と地域、約4,000万人、日本には団と言われる活動母体が約2,000あり、約10万人が活動しています。

引用:ボーイスカウト日本連盟

海外で宇宙飛行士の60%以上が、子供の頃にボーイスカウトを経験していたというNASAのデータもあります。

日本では年齢別に分かれて活動します。

  • ビーバースカウト(小学1~2年生)
  • カブスカウト(小学3~5年生)
  • ボーイスカウト(小学6年生~中学3年生)
  • ベンチャースカウト(高校1年生~18歳)
  • ローバースカウト(18~25歳)

など、大きくなっても継続することが可能です。

具体的には仲間や地域のために働いていくので、自ら考えて行動ができるようになります。
毎回活動内容が決まっている訳ではないので、様々な場所でたくさんの経験ができるのも魅力です。

ちなみに、公益社団法人ガールスカウト日本連盟」という女の子専用の組織もあります。

③キャンプ

おすすめ度 ★★★★☆
月謝 1回の参加で10,000~50,000円ほど

(宿泊する日数・場所で変わる)

特徴 ・自然の中で五感が刺激される
・自主性が育まれる
・協調性が生まれる

単発で夏休みや週末に行われているのが、子供だけのキャンプや自然体験です。
親元を数日間離れ、非日常を体験して帰ってきます。

キャンプでは自分たちでご飯を作ったり、季節によってはウォータースポーツやウィンタースポーツを経験します。
都会では味わえない山や海での体験は、子供にとって大きな刺激になるはずです。

日本全国から、多くの子供達が集まり、カヤック、琵琶湖へ飛び込む「ワイルドスイム」、帆船体験、SUP、セーリングスポーツ、川遊びを一日中楽しみます。 サマーキャンプならではの、ドラム缶風呂、キャンプファイヤー、BBQなども楽しめます。

引用:BSCウォータースポーツセンター

また、年齢がバラバラでその日に初めて会った友達と協力していくため、協調性も生まれます。

子供にとって楽しいキャンプでの遊びとは|シーン別おすすめの遊びも紹介

子供が興味ある習い事をさせるのが一番重要

子供の習い事を決める上で、まず子供の興味があることを聞いてみましょう。
親が知らないところで、実は意外なものに興味を持ち始めていることがあります。

また、きっかけとして色々な習い事に見学や体験をさせてみるのもおすすめです。
実際に肌で感じてみた後に、何をしたいか決めても遅くはありません。
例えば映画をたくさん見る、旅行をする、本をたくさん読むことも興味を与えるきっかけになります。

子供が好きなことや夢中になっていることに注目してみて、そこから習い事を決めて始めてみると良いでしょう。

まとめ

現在は多くの習い事があります。選択肢が多いため、子供のやりたいことをさせるのが一番です。

ちなみに、習い事を毎週決まった曜日にしなくても、子供の教育にいいこともあります。
キャンプや職場体験など、毎回初めての場所に行くことで大きな刺激と成長に繋がります。

BSCウォータースポーツセンターでは、小学生を対象にカヤックやヨット、アウトドアクッキングなどに挑戦していきます。
また学校とは違う友達と一緒に、自然を通して様々な交流ができる子供キャンプ事業を、30年以上行ってきました。
毎年、日本や海外の子供も参加しています。

まだやりたい事が見つかっていない方は、ぜひ一度自然の中でのキャンプを経験してみるのはいかがでしょうか。