CAMPING子供キャンプ

冒険ある人生を送ろう。

小さな冒険の連続が、子どもを成長させる

BSCの子供キャンプのスローガンは「冒険ある人生を。」です。
カヤックやヨット、びわ湖への飛び込みなど、さまざまなウォータースポーツに挑戦します。
小学生にとって、初めてお家を離れてのお泊まりは冒険そのものです。
いつも一緒にいる友達じゃない、初めて出会う子供たちと遊ぶのも冒険。
初めてのカヤックも、ヨットも、琵琶湖への飛び込みも、キャンプファイヤーも。

BSCでは、みんなで協力しないとうまくいかない挑戦もたくさんご用意しております。 そんなドキドキするような体験の数々が、子供たちの成長につながります。

30年で約10,000人の参加実績

BSCでは1年を通して数々のキャンプを企画しています。
夏休みは、たくさんのウォータースポーツと、国際交流にチャレンジする「世界をつなぐ国際子供サマーキャンプ」。
春休み、ゴールデンウィークは、ウォータースポーツだけではなく、ロッククライミングや、田植え体験、火起こし、クラフトなどの体験。
秋は、少人数だけの週末キャンプで、セーリング、沖島探検、アウトドアクッキング、天体観測など、他の季節にはない体験企画。
冬休みは、スキー、スノーボードを中心に、びわ湖周辺の魅力を探すキャンプ。
子供キャンプの始まりは、1985年にさかのぼり、最初は滋賀県の子供達だけが参加する小さなサマーキャンプでした。
それ以来30年近く、琵琶湖で小学生キャンプを続けて、参加してくれた子供たちは10,000人近くにのぼります。
今では、地元関西だけでなく、日本全国、海外からも子供たちが来てくれるようになりました。

びわ湖だからこその国際交流

BSCではウォータースポーツを通じた国際交流を、積極的に行っています。
「世界をつなぐ国際子供サマーキャンプ」では、海外大学からの留学生が、スタッフとして子供たちを琵琶湖に連れだします。海外のお子さんがキャンプに参加いただくことも増えました。
当たり前のようにグローバル化が進んでいる社会で、子供のころに海外の多様な文化に触れることは、大人になるために大切なこととなりました。BSCの小学生キャンプは、琵琶湖で一緒に遊びながら、自然と国際感覚を醸成する貴重な経験になるはずです。

PROGRAM募集中のプログラム

過去のプログラム