子供にダンスの習い事がおすすめな理由を解説|小学生・中学生・高校生に人気でおすすめのダンススクールを紹介

ダンスは子供にとって人気な習い事のひとつです。
近年は中学校の体育でもダンスが必修になっており、ダンスが子供の成長に与える良い影響が注目されています

しかし親世代の習い事とは少しギャップがあるので、ダンスを習わせるかで悩んでいる保護者もいるでしょう。

本記事では子供にダンスを習わせることで得られるメリットや、おすすめのダンススクールについて紹介します。
子供の習い事としてダンスを検討している方は、最後までチェックしてみてください。

ダンスの種類について

K-POPの人気上昇とともにダンスは子供の習い事として定着しつつあります。
ダンスといえばヒップホップやジャズなどのイメージが強いでしょう。

しかし以下のようにダンスにもさまざまなジャンルが存在しています。

  • ヒップホップ
  • ジャズダンス
  • ロックダンス
  • ワック
  • ストリートダンス
  • ブレイクダンス
  • チアダンス

このほかに何十種類ものダンスがありますが、柔軟性を高めて振り付けを覚えるスキルが必要な点はすべてに共通しています。
どのダンスを習う場合でも月謝は5,000~8,000円程度であり、発表会や大会の参加費なども必要です。

子供の習い事でダンスがおすすめの理由

子供の習い事にダンスをおすすめする理由には以下の3つがあります。

  • 基礎体力がつく
  • リズム感が身に付く
  • 度胸がつく

ダンスには義務教育の過程で取り入れられるほど多くのメリットがあるので、ダンスを習わせる前に確認しておきましょう。

基礎体力がつく

子供にダンスを習わせれば基礎体力や持久力をつけられます

ダンスでは身体を使って表現するので、全身の筋肉をバランス良く動かせるのが特徴です。
特にインナーマッスルも鍛えられるため、子供の姿勢にも良い影響を与えてくれます

1曲を踊り切るにはそれなりの体力が必要であり、有酸素運動でもあることから心肺能力の向上にも期待できるでしょう。

またダンスに取り組むには体の柔軟性も欠かせません。
体の柔軟性が高まればケガをしにくくなり、健康的な体の維持にもつながります。

子供に基礎体力をつけさせてあげたいのであれば、習い事としてダンスを検討してみてください。

リズム感が身に付く

ダンスでは曲に合わせて体を動かすので、リズム感を身に付けることが可能です。
曲のジャンルによってリズムやテンポがまったく異なっており、さまざまな曲に合わせて踊ることでリズム感を鍛えられます。

リズム感は大きくなってからでも鍛えられますが、柔軟性が高くスポンジのように吸収できる子供時代に身につけるのがおすすめです。リズム感が身に付いていれば、音楽だけでなく運動神経の向上にも役立つでしょう

ダンスを習い始めの頃は思うように体を動かせないこともありますが、リズム感が身につけば音楽に合わせて踊れるようになります。

度胸がつく

ダンスを始めてから度胸がついたという声をよく聞きます。
これは発表会など人前で踊る機会が与える影響だと言われています。

テレビから流れる音楽に合わせてノリノリで踊る子供でも、初めて人前で踊るときにはリラックスできるものではありません。
しかし人前で踊ることの恥ずかしさを乗り越えれば、ダンス自体を楽しめるようになります。

「うちの子はシャイだからダンスは向いていない……」と諦める必要はありません。
ダンスを始めたことがきっかけで、子供が積極的になれる可能性は十分にあります

子供の度胸をつけたい場合も、ダンスのように人前で発表する機会がある習い事がおすすめです。

子供がダンスを習うデメリット

子供にダンスを習わせるには思った以上に費用がかかる場合があります。

ダンススクールに所属するために入会金が必要なことも多く、その費用は5,000~10,000円程度です。
毎月かかる費用は5,000~8,000円前後が一般的であり、月謝だけで年間60,000円ほどかかります。

このほかにも発表会にや大会の参加費も発生するでしょう。会場の規模にもよりますが、参加費として5,000~20,000円が必要になるのが一般的です。

またレッスン着やシューズ、発表会用の衣装なども用意しなければなりません。
子供にダンスを習わせることで家計を圧迫しないか、よく確認しておきましょう。

子供に習わせるダンス教室の選び方

子供が通うダンス教室を選ぶ際には以下のポイントに注意してみてください。

  • 興味のあるダンスの種類を選ぶ
  • 通いやすい家の近くのダンス教室に行く
  • 一度体験に行って雰囲気を見て決める

興味のあるダンスの種類を選ぶ

ダンス教室を決める際には子供が興味を持つダンスの種類から選びましょう。
ダンスには多くの種類があるので、興味のないものを選んでしまうと習い事が続かない可能性もあります。

ダンスユニットやK-POPアーティストのようなダンスを習いたいのであれば、ヒップホップがおすすめです。
またミュージカルで踊られるダンスならジャズダンスを選択してください。

ダンス教室ならどこでも同じと決めてしまわずに、子供にどのようなダンスを習いたいかを聞いてあげましょう。

通いやすい家の近くのダンス教室に行く

ダンス教室を選ぶ際には、通いやすさを優先して家の近くにあるダンス教室を探すのがおすすめです。

あまり遠いダンス教室を選んでしまうと、送り迎えをする保護者の負担も大きくなります。
また子供が小さいうちは、遠いところまで通うのが嫌になってしまう可能性もあるでしょう。

都会の有名な先生に教わりたいという希望もあるかもしれませんが、ダンス教室が初めての場合は習い事を続けられるかわかりません。
子供と保護者の負担を考慮して、家の近くのダンス教室を探してみてください。

一度体験に行って雰囲気を見て決める

子供が習い事にダンスを希望しても、実際に始めてみたら合わない可能性もあります。
ダンス教室に通い始める前に、一度体験レッスンを受けて雰囲気を確かめるのが良いでしょう。

しかし子供向けのダンス教室は体験レッスンが有料であることが一般的です。
有料となれば複数の教室を体験して比較することも難しくなるので、実際に子供を通わせている方の口コミも参考にする必要があります。

もし予算に余裕があるのであれば、いくつかのダンス教室で体験レッスンを受けて、子供と相性の良い教室に通わせてあげましょう。

何歳からダンスは始められる?

一般的に子供の習い事は3歳前後で始めるのが良いと言われています。
ダンスも例外ではなく、ある程度は体を動かせることが必要なので、3歳から始めるのがおすすめです。

子供が小さいほうがリズム感などを身に付けやすいですが、早く始めなければと焦る必要はありません。
小学校に上がってからダンスを始めても、基礎体力やリズム感は十分に身に付きます。

親が子供の習い事を決めてしまうよりも、子供の意思を尊重してダンスを習うかどうかを決めてあげましょう。

子供の習い事でダンスにかかる費用は?

子供の習い事としてダンスを選んだ場合にかかる費用は毎月5,000~8,000円程度です。
その他の習い事と比較しても、決して高い金額ではありません。

子供に人気の習い事にかかる月額費用をまとめたので、確認してみてください。

水泳

6,471円

学習塾

15,362円

ピアノ

7,200円

英会話

8,761円

習字

3,451円

また月謝のほかにはレッスン着やシューズなどの消耗品費、発表会の参加費が発生します。発表会の規模にもよりますが、参加する場合には5,000~20,000円がかかるでしょう。

月謝だけでなく年間のトータル費用も考慮して、ダンスを習わせるかどうかを決めるのがおすすめです。

参考:「子どもの習い事に関する意識調査」結果

キッズにおすすめの人気ダンススクール

子供にダンスを習わせるのであれば、校舎数が多く通いやすい教室を選ぶのがおすすめです。また人気のダンススクールを選んでおくことで、講師の質もある程度は保証できます。

しかし「子供にダンスを習わせている保護者はどのようなスクールを選んでいるの」と気になる方も多いでしょう。

ここではキッズにおすすめの人気ダンススクールとして、以下3つを紹介します。

  • KONAMIスポーツクラブ
  • セイハダンスアカデミー
  • エイベックス・ダンスマスター

ダンススクール選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

KONAMIスポーツクラブ

料金

5,000~7,000円(各校により異なる)

校舎数

144校

エリア

全国

特徴

入門から始めてステップアップできる

対象年齢

4歳~高校生まで

公式HP

https://www.konami.com/sportsclub/

KONAMIスポーツクラブのダンススクールでは「ダンスを通じてチーム力と個性を引き出す!」をコンセプトに指導を行っています。対象年齢は4歳~高校生までで、子供のレベルに合わせてクラスを選択できるのが特徴です。

楽しみながら基礎を習得するところから始めて、オーディションによる選抜チームでの活動まであるので、子供のやる気次第では上を目指せるでしょう。

また全国の校舎数も多いため、通いやすいスクールを探している方にもおすすめです。

セイハダンスアカデミー

料金

5,960~6,480円(各校により異なる)

校舎数

37校

エリア

関東/中部/関西/中国・九州

特徴

振付師のパパイヤ鈴木氏によるプロデュース

対象年齢

2歳~

公式HP

https://www.seiha.com/dance-academy/

セイハダンスアカデミーはAKB48「恋するフォーチューンクッキー」の振り付けを手掛けたことで有名な、パパイヤ鈴木氏がプロデュースするダンススクールです。

2歳から入会でき、楽しみながら基礎を身に付けダンスの土台を養えます。イオンモールやららぽーとなどのショッピングモール内にあるため、通いやすいのが特徴でしょう。

プロが考案したカリキュラムでダンスを習得するのであれば、セイハダンスアカデミーがおすすめです。

エイベックス・ダンスマスター

料金

8,800円~

校舎数

170校

エリア

全国

特徴

国内No.1の受講生を誇るスクール

対象年齢

4歳~

公式HP

https://dancemaster.avex.jp/

エイベックス・ダンスマスターは、レコード会社として有名なエイベックスが運営するダンススクールです。日本ストリートダンス協会が公認するダンスプログラムを採用しており、受講生の数は国内No.1となっています。

対象年齢は4歳からなので基礎から始めて、インストラクター資格の取得など上級レベルを目指せるのが特徴です。

各コースは15~20名の少人数制なので、一人ひとりのレベルに合わせてしっかり指導してもらえるでしょう。

中学生・高校生におすすめの人気ダンススクール

中学生・高校生でダンスに本格的に取り組む場合、プロのダンサーを目指す方も多いでしょう。本気でプロを目指すのであれば、以下のダンススクールがおすすめです。

  • EXPG
  • エイベックス・アーティストアカデミー

EXPG

料金

25,410円~

校舎数

17校

エリア

全国

特徴

EXILEが運営するプロを育成するためのスクール

対象年齢

3歳~

公式HP

https://expg.jp/

EXPGは、ダンスボーカルユニット「EXILE」のLDHが運営するダンス・ボーカル・アクトのためのスクールです。
2003年に東京で開校し、2021年現在は海外も含めて17校が展開されています。

プロフェッショナルな人材の育成を目的としており、卒業生の多くがパフォーマーとして活躍しているのが特徴です。

実際にEXILEのメンバーによる指導を受けられる機会もあるため、プロを目指す子供たちから人気のスクールとなっています。
料金は高いですが、プロダンサーの道に進みたいならおすすめです。

エイベックス・アーティストアカデミー

料金

9,000円~

校舎数

4校

エリア

東京都/愛知県/大阪府/福岡県

特徴

エイベックスが運営するプロ育成スクール

対象年齢

6歳~

公式HP

https://aaa.avex.jp/

エイベックス・アーティストアカデミーは、エイベックスが運営するプロ育成を目的としたスクールです。
習い事というよりは本気でプロを目指す方向けのスクールであり、入学するには選抜試験に合格する必要があります。

実践的なカリキュラムが用意されているため、レッスン回数は週3~5回とハードです。
入学や上級クラスへの昇級では選抜試験を突破しなければなりませんが、同じ夢を目指す仲間と切磋琢磨できる環境が整っています。

ダンスは子供の習い事としておすすめ!

子供の習い事として人気の高いダンスは、基礎体力やリズム感を養うのに適しています。
月謝も5,000~8,000円ほどと、ほかの習い事と比べても大差はなく、習い事を続けるうえで大きな負担もありません。

習い事にダンスを選ぶのであれば、まずは通いやすさを優先して家の近くにあるダンス教室を探すのがおすすめです。
またプロダンサーの育成を目的としたダンススクールもあるので、子供がプロを目指したいと希望するのであれば検討してみましょう。

CONTACT 掲載に関するお問い合わせ

まなびち公式SNS