【2023年厳選】子ども用GPSおすすめ13選の機能を比較紹介|初期費用・月額料金の比較まとめも!

本ページはプロモーションが含まれています

  • 子ども用GPS、たくさんあるけどどれがいいの?
  • GPS端末かケータイどっちを持たせるべきか?
  • 学校帰りに変なところに行っていないか気になる。
  • 子供より先に家を出るから、ちゃんと学校に行けてるか気になる。

共働きが6割を超えた今、子供が小学校から一人で帰宅し、そのまま習い事や遊びに行くのが当たり前の時代になりました。

ただ、子供が今どこにいるか分からない状態で職場にいるのは不安ですよね。

この記事では、保護者がスマホで「子供を見守る」ことができる、”子ども用GPS”について紹介していきます。

数多くある子ども用GPSの中から、高機能なもの、料金の安いもの、バッテリーの持ちがいいものを比較表を使いながら紹介しているので、チェックしてみてください。

目次

子ども用GPSが人気のわけ

いまやスマホにはGPSが内蔵されているのは周知の事実ですが、スマホを子供に持たせるのは躊躇してしまいますよね。

スマホ自体が外部と気軽に繋がる危険性や、ネット中毒になる危険性をはらんでいます。

参考:【3社比較】子供がスマホを持つメリット・デメリット解説

そこで注目されているのが、子ども用GPSです。

子供用GPSの本体

子ども用GPSとは、子供が今どこにいるかの位置情報が、保護者のスマホで随時確認できる小さな端末のことです。

ランドセルにぶら下げたり、カバンの中に入れているだけで、常に子供の位置情報を保護者のスマホに送ってくれます。

子供の被害は登下校、特に下校時(15~18時)に集中 犯罪件数が減少する中、ほぼ横ばいで推移
引用元:警察庁「登下校防犯プラン」

子ども用GPSは、気軽に子どもに持たせることができ、登下校時の安全確認に有効なため、2023年現在、多くのメーカーから子ども用GPS端末が発売されています
※2021年頃から多くの会社が子ども用GPSを発売。

1つの子供用GPSを、複数のスマホ(祖父母も一緒に)で見守ることもでき、いざという時の対応もしやすいです。

また、子供が扱うことを考えて、丈夫で、簡単な操作のみなので安心です。

子ども用GPSを選ぶ際のポイント

どの子ども用GPSを選べばいいのか悩む母親

子ども用のGPSは、いくつもの商品が発売され、機能や金額も違います。

子ども用GPSを選ぶ際に注目すべきポイントをご紹介します。

  • 現在位置の正確性
  • 現在位置の更新頻度
  • 子どもと保護者の連絡方法
  • バッテリー容量
  • 料金体系

現在位置の正確性

子どもGPSの現在地を検索している母親

基本的には、GPS衛星を活用して位置を把握します。

地下などでは、衛星と通信できないこともあるため、端末近くのWi-Fiスポットや携帯電話基地局と通信し、位置を計測することもできます。

よく見かける「みちびき」とは

日本が打ち上げ、2018年11月から利用が開始された日本版GPS衛星。
日本国内のGPSの精度向上を目的に運用しています。
より精度の高い現在位置を確認したい場合は、対応している子ども用GPSをお選びください。

ただ、「みちびき」に対応していない製品でも、基本的には大きくずれることはないため、そこまで気にしなくても大丈夫です!

参考:[実証] 都市部でのQZ1測位モード比較|みちびき(準天頂衛星システム)ウェブサイト

現在位置の更新頻度

子ども用GPSは、1分〜60分ごとにGPSの現在位置を更新するため、タイムラグが多少発生します。

更新頻度を1分に設定すれば、ほとんどリアルタイムの現在位置が把握できるため、親御さんは安心しやすいかと思います。

GPS端末によって、設定できる更新頻度が違うため、選ぶ際に重要なポイントになります。

更新頻度が短い端末は、その分バッテリーの消費も早いため、充電する頻度も高くなることはお忘れなく!!

子どもと保護者の連絡方法

子どものGPSから保護者のスマホに通知がきている

子ども用GPSは、機種によってはGPS本体から保護者のスマホに連絡を送ることもできます。

商品によって、可能な連絡方法も違うため、大切なポイントになります。

連絡方法
  • 自動通知
  • 手動通知
  • 音声メッセージの送受信
  • 定形メッセージの送受信

ほとんどのGPS端末が自動通知、手動通知の機能を持っています。

ただ、最近では音声メッセージのやり取りができるGPSが増えてきました。

これにより、子どもとコミュニケーションが取れるようになったため、安心感は非常に増すでしょう。

音声コミュニケーションが取れる子ども用GPSは、月額利用料が少し高くなります。

ただ、毎月200円程度の違いしかないため、金額よりも、お子さんがその機能を使えるか、意味があるのか、ということを考えて、商品を選ぶことをおすすめします。

バッテリー容量

バッテリー容量は、端末によって大きく違いがあります。

GPS端末ごとに、機能が違ったり、現在位置の更新頻度が違うため、「〇〇mAh」の数字だけ見ても分かりづらいです。

機能が多い端末は、バッテリー消費が早いですが、使用中の機能面でのストレスは少ない可能性もあります。

料金体系

子ども用GPSを選ぶにあたり、料金体系も見逃すことのできないポイントです。

料金体系は、一般的に下記の項目から構成されています。

  • 本体価格
  • 初期手数料
  • 月額使用料

子ども用GPSの機能や、現在位置の測定方法などに応じて、本体価格および初期手数料は上下します。

また、ランニングコストとなる月額使用料にも幅が見られ、なかには一定期間、月額無料で使用できるGPSもあります。
※基本的には、月額数百円の使用料が必要です

料金を評価する際にポイントとなるのは、中長期的な視点から判断することです。

「本体が安いから」「月額無料だから」など一面だけを見るのではなく、2年〜4年間の使用で合計いくらになるか?といったように、中長期的なトータルコストをシミュレーションし判断しましょう!

子ども用GPSの厳選おすすめ13選

子ども用GPS端末は、現在20機種ほど発売されていますが、その中からおすすめしたい子ども用GPSを厳選して13機種ご紹介いたします。

子ども用GPSは、2月ごろから購入される保護者の方が増えてきます。

端末によっては、3月に入った頃から在庫がかなり減っていき、購入から発送まで待たされることも多くあるかと思います。(昨年2022年の経験から

入学前の練習も考慮すると、2月ごろからの、お早めの購入をおすすめします。

  • soranome(ソラノメ)|長期保証の安心設計キーホルダー型GPS
  • あんしんウォッチャーLE|auが販売するコスパ抜群のGPS端末
  • goo of things いまここ|NTTグループのみまもりGPS
  • amue link|ソニー製の音声メッセージ機能付きGPS
  • Otta.g|音声メッセージとGPS機能をもつスマート防犯ブザー
  • どこかなGPS2|ソフトバンクの人気GPS2代目
  • BoT トーク|音声のやりとりが可能な子ども用GPS
  • みもりGPS|地下や屋内でも居場所がわかるキーホルダー型GPS
  • みてねみまもりGPS|大容量バッテリーがあんしん
  • まもサーチ2|バランスのとれた優等生なGPS
  • coneco|メッセージのやりとりができる子ども用GPS
  • myFirst Fone R1s|海外発の子ども用スマートウォッチ
  • はろここ|コクヨから新発売の最新子ども用GPS

soranome(ソラノメ)|長期保証の安心設計キーホルダー型GPS

子どもGPSソラノメの商品画像とアプリ画面

4G/LTE回線を使用しており、いつでも正確な子供の位置を把握できます。
学校や自宅、習い事など登録した場所に到着すれば保護者のスマホに通知が届くので安心です。

通知エリアは10件まで登録できるので習い事が多いお子さんでも大丈夫です。

商品名 ソラノメ soranome
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
17,820円(税込)
→12,520円(税込)
月額利用料 539円(税込)
2年間利用の料金目安 30,756円(税込)
→25,256円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 3分
通信エリア Docomo4G/LTE
バッテリー容量 700mAh
防水性能など IP55

 

アラーム機能など音が出る性能はないので、学校に持っていっても鳴る心配はありません。
いざという時はSOSボタンがついていて保護者のスマホに通知が届きます

また、充電は毎日する必要はなく最大1週間もちます。
充電の残りが少なくなると通知がくるので充電のタイミングを逃すことがありません。

コロンとしたシルエットに4色のシリコンカバーがついていてお好きなものを気分によって替えることができるのでオシャレ好きな子供でも喜んで持ってくれそうです。

「ソラノメ」の他よりいいところ!

長期にわたる保証の仕組みがあることです。

ソラノメは、月額220円(税込)のあんしん保証パックのオプションに加入しておけば、故障時に交換手数料3,300円(税込)で、新しい端末に交換できます。

最長6年も使用するものなので、故障時のコストも考えられている点が、ソラノメが他製品に勝っているところです。

関連記事:【低学年向け】おすすめの子供用GPS「soranome/ソラノメ」を紹介

 

\現在、キャンペーンで本体代5,500円割引
ソラノメ 公式ウェブサイト
キャンペーンは8月31日まで

 

あんしんウォッチャーLE|auが販売するコスパ抜群のGPS端末

子どもGPSあんしんウォッチャーLEの商品画像とアプリ画面

あんしんウォッチャーLEは、携帯キャリアのauが販売している子供用GPS端末です。

子供用GPSの基本的な機能をすべて揃えており、子供からの通知も行うことができるため、利用している中で特段不自由は感じないでしょう。

しかもバッテリー容量も1,500mAhと、非常に大容量。
最長1.5ヶ月の間、充電をしなくても良いため、毎日充電をしなくても長期間使用できます。

商品名 あんしんウォッチャーLE
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
7,880円(税込)
3,975円(税込)
月額利用料 539円(税込)
2年間利用の料金目安 20,816円(税込)
16,911円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 1.5分
通信エリア 4G/LTE
バッテリー容量 1,500mAh
防水性能など IP55

auが販売しているGPSだからと言って、auスマホ以外では使えないということはありません。

ほかのキャリアでスマホを契約している方でも使用可能なので、ご安心ください。

設定方法も、他のGPS端末と特に変わらず、簡単に設定可能なので、初期費用を安く抑えられる期間限定割引キャンペーン中の今が、安く購入できるチャンスです。

 

\2年間の使用料金が今一番安い!!/あんしんウォッチャーLE
公式ウェブサイト

 

*販売終了*goo of things いまここ|NTTグループのみまもりGPS

子どもGPS goo of things いまここの商品画像とアプリ画面

※goo of things いまここは、2023年5月に新規販売を終了しました。(現在利用中の方は引き続き利用可能)

「いまここ」は、NTTグループが発売している見守りGPSです。

基本機能として、子供の位置確認、子供からのプッシュ通知が可能です。
料金は、初月無料となっているため、少しお財布に優しくなっています。

子供用GPSは、入学前に購入しおくことをオススメしているので、このタイミングでの購入はいかがでしょうか。

商品名 goo of things いまここ
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
3,280円(税込)
月額利用料 638円(税込)
※初月無料
2年間利用の料金目安 17,954円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 1.5分
通信エリア Docomo4G/LTE
バッテリー容量 700mAh
防水性能など IP55

 

お子さんの現在位置の更新頻度を1.5分ごとに設定できるため、リアルタイムに近い確認が可能なのも、「いまここ」の安心ポイントです。

また、月額利用料が初月無料なため、早いうちに購入して親子で、どういう使用方法がいいか色々と試してみましょう。

「goo of things いまここ」は、ご購入後、領収書(証明書)を発行することが可能なため、GPS端末購入時における助成金申請を行うことが可能です。
実は、GPS端末購入に伴い、助成金が出る自治体があるのです。(千葉県松戸市兵庫県高砂市など)
※助成金申請可否は、各自治体により異なるため、詳細はお住まいの自治体へお問い合わせください。

 

amue link(アミューリンク)|ソニー製の音声メッセージ機能付きGPS

子どもGPS amue linkの商品画像とアプリ画面

「amue link」は、総合家電メーカーのソニーが製造販売する子供用GPSです。

amue linkは、さすがソニー製といった特徴がいくつもあるGPS端末ですので、その特徴をご紹介します。

amue linkの特徴
  • 世界最小・最軽量の子供用GPS※1
  • ボイスメッセージのやりとりができる
  • 移動手段をAIが判定
  • 子供の周辺温度が分かる

※1 防水・防塵対応の音声機能付きLTE GPSトラッカーで世界最小・最軽量。(2020年12月10日時点、各メーカーからの公式発表に基づく。ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)調べ。)

 

まずびっくりするのは、その小ささと、軽さ。
単3電池1個分ていどの重さしかないため、取り扱いが楽です。

その小ささにも関わらず、子どもとボイスメッセージのやりとりができることがamue linkの1番の特徴といえます。

子供はamue linkから、8秒間のボイスメッセージを保護者のスマホに送ることができ、保護者からもボイスメッセージを送ることができるため、相互にやりとりができます。

商品名 amue link
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
5,980円(税込)
月額利用料 748円(税込)
2年間利用の料金目安 23,932円(税込)
子供からの通知機能 音声メッセージ
最短更新頻度 1分
通信エリア LTE-M
バッテリー容量 不明
*1日2時間の使用で、5日間充電いらず
防水性能など 防水(IPX8)、防塵(IP6X)

 

amue linkは、センサーの情報を基にAIが分析し、「歩く・止まる・自転車・車・バス・電車」の6つの移動手段を判定し、記録してくれます。

また、温度センサーも搭載されているため、子供の周辺温度が把握できる先進的な機能も!

amue linkのその他の特徴として、GPS位置情報の更新頻度の高さで、amue linkは最短”1分ごと”に更新してくれます。

バッテリー残量も、20%以下になるとスマホにお知らせが来るので、充電のタイミングを逃すこともありません。

amue linkは、ボイスメッセージのやりとりや、充実した機能が搭載されているにも関わらず、2年間のトータルコストは2万円を少し超える程度。
安価なGPS端末に比べれば少し高いですが、その機能を考えると、非常にコストパフォーマンスが高いGPS端末といえます。

 

\ボイスメッセージが送れる高コスパGPS/amue link 公式ウェブサイト

 

otta.g|音声メッセージとGPS機能をもつスマート防犯ブザー

子どもGPS otta.gの商品画像とアプリ画面

otta.gは、GPS機能だけでなく、多くの機能が搭載されいてるGPS端末です。

その他機能
  • 音声メッセージの送受信
  • 防犯ブザー機能
  • 熱中症警戒アラート(β版)

一番の特徴は、「声によるコミュニケーション」ができることです。

ボタンを押して、otta.gに声のメッセージを残すと、保護者のスマホに通知がされ、音声の再生が可能です。

また、保護者のスマホからotta.gに音声メッセージを送ることも出来るため、相互のコミュニケーションが可能です。

音声機能の最も効果的な点は、「子供が能動的にGPSを持ち歩いてくれること」です。

義務として持たされるのではなく、子供が自分で楽しみながら使える端末である点が非常に魅力的な商品です。

商品名 otta.g
形式 キーホルダー型
※専用ストラップは別売り
本体価格
(+初期手数料)
14,080円(税込)
月額利用料 ・GPSみまもりプラン:748円(税込)
→ボイスメッセージ10回/月
・音声パック80プラン:880円(税込)
→ボイスメッセージ80回/月
・音声パック220プラン:1,078円(税込)
→ボイスメッセージ220回/月
2年間利用の料金目安 35,200円(税込)
※音声パック80プランの場合
子供からの通知機能 音声メッセージ
最短更新頻度 2分
通信エリア 4G/LTE
バッテリー容量 650mAh
防水性能など IP55準拠

 

otta.gは、防犯ブザー機能もあり、保護者のスマホにも「ブザーが押されたこと」が通知されるため、わかりやすいのも特徴です。

音声メッセージの機能があるため、月額利用料が他の製品よりも高くなっています。

ですが、音声での相互コミュニケーションができる点など、他にない機能を盛り込まれていることから利用する方が多くいるのも事実です。

子供が積極的に持ち歩いて、音声でのコミュニケーションを取りたいという方にはとてもオススメの子ども用GPSです。

 

otta.g 販売サイト

 

どこかなGPS2|ソフトバンクの人気GPS2代目

子どもGPSどこかなGPS2の商品画像とアプリ画面

携帯キャリアのソフトバンクから発売しています。
2代目のGPS端末で、全モデルに比べて性能は大幅にアップ

ソフトバンクのスマホじゃなくても、利用可能です!!

移動履歴は 過去3ヶ月分を見ることができ、危険な地域に立ち寄っていなかったかなどチェックすることができます。

また、一緒にお出かけしているときに保護者のスマホと離れるとお知らせしてくれる機能もあり、迷子防止に役立つので入学前から使っていてもいいですね。

商品名 どこかなGPS2
形式 携帯型
(ランドセルに入れっぱなしでOK)
本体価格
(+初期手数料)
7,480円(税込)
月額利用料 最初の6ヶ月間無料(それ以降は528円/月)
2年間利用の料金目安 16,984円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 3分
通信エリア  ソフトバンク4G/LTE
バッテリー容量 1,810mAh
防水性能など IPX7/IP6X

どこかなGPS2は、2年間の利用の場合、他製品に比べてかなり低コストで利用可能なのが一番のメリットです。

月額料金が他社GPSに比べてダントツ安いのは、ソフトバンクが自社の通信電波を利用しているからです。
他社の子供用GPSは、ドコモなどの通信電波を、お金を払って借りています
そのため、キャリアであるソフトバンクの「どこかなGPS」の利用料が安くなるのは当然だといえます

GPSには「今ここ」ボタンがついており、子供から発信できます。
「今ここ」ボタンを押すタイミングを親子であらかじめ決めておけば「今から帰るよ」「迎えに来て」などのメッセージ代わりになり便利です。

さらにGPSが見当たらない場合、保護者のスマホアプリから「どこかなGPS2」を鳴らすことでGPSを探すことができます。

GPSは本体も小さく紛失しがちなので、うっかりさんにはおすすめ機能です。

 

どこかなGPS2 販売サイト

 

ビーサイズ BoT トーク|音声のやりとりが可能なGPS

子どもGPS bot talkの商品画像とアプリ画面

ビーサイズのBoTトークは、人気シリーズの「GPS BoT」の最新機種です。

ボイスメッセージのやりとりが、お子さんとできるようになったことから、保護者の方の安心感は非常に増したかと思います。

また、バッテリー残量が減ってくると、スマホに通知が届くので忘れっぽい親子にもおすすめです。

 

商品名 BoT トーク
形式 キーホルダー型
本体価格
(+初期手数料)
5280円(税込)
月額利用料 748円(税込)
2年間利用の料金目安 23,232円(税込)
子供からの通知機能 音声メッセージ
最短更新頻度 1.5分
通信エリア Docomo4G/LTE
バッテリー容量 1,400mAh
防水性能など 生活防水、防塵、耐衝撃

本体は防水、防塵、耐衝撃と頑丈に作られているので、わんぱく盛りの子供にも安心して持たせられます。

見守る人数に制限はないので、家族みんなで子供を見守ることができます。

 

BoT トーク 公式ウェブサイト

 

もっと詳しく:子供用GPS「GPS BoT」の機能や評判は?口コミや機能を徹底解説!

みもり GPS|地下や屋内でも居場所がわかるキーホルダー型GPS

子どもGPS みもりGPSの商品画像とアプリ画面

※現在完売中。(次回入荷は2023年12月頃を予定)

国内最大級、無料の不審者情報システム「マチコミ」が開発した見守りGPSサービスは安全性が群を抜いています

ただ「見守りたい」というよりは「危険から守りたい!」そんな保護者の方におすすめです。

GPSの届かない地下や屋内でも、Wi-Fiスポットを使って居場所を特定できます。

自宅や学校、塾など登録していれば到着したかどうかもお知らせしてくれるので安心できます。
しかもその通知するエリアは最大100箇所まで。

また、保護者のスマホからのみになりますが、音声メッセージをお子さんに送ることも可能です。

2021年モデルは、デザインを新しくし、販売中です。

 

商品名 みもりGPS
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
8,580円(税込)
月額利用料 748円(税込)
2年間利用の料金目安 26,532円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 1分
※登校時間帯(6:00~8:30)
通信エリア Docomo3G
バッテリー容量 1,300mAh
防水性能など IPX4

 

また、「不審者情報があったエリア」や「交通事故が多いエリア」などの危険エリアに子供が立ち入った時にはGPSが音声で警告をし、保護者への通知も行われます。

音声は学校などで不要の場合は自動的にサイレントモードになるように設定できるので安心です。

 

みもりGPS 公式ウェブサイト

 

関連 >>【小学生に】高機能の子供用GPS「みもりGPS」の価格と評判は?

みてねみまもりGPS|大容量バッテリーがあんしん

子どもGPSみてねみまもりGPSの商品画像とアプリ画面

みてねみまもりGPSは、ミクシィが販売しているGPS端末で、2023年3月には最新の3代目が発売されます。

3月13日発売予定で、現在各オンラインショップで予約販売中です。

この3代目から、子供からの通知ができるボタンが追加され、機能的にもお買い求めやすくなりました。

みてねみまもりGPSは、兵庫県高砂市のGPS端末購入費用の補助金「令和5年度 子どもGPS見守り支援事業に係るサービス提供事業者」に登録されています!

 

商品名 みてねみまもりGPS
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
5,280円(税込)
月額利用料 528円(税込)
2年間利用の料金目安 17,952円(税込)
子供からの通知機能 あり(第3世代から)
最短更新頻度 1.5分
通信エリア Docomo4G/LTE
バッテリー容量 2,000mAh
防水性能など 生活防水、防塵(IP55)

みてねみまもりGPSはバッテリー容量が非常に大きいことが特徴で、長い期間充電しなくても大丈夫です。

基本的な機能や防水性能は、他のGPSとそこまで変わりませんが、数年使うものだからこそ、充電回数が抑えられる大容量バッテリーは嬉しいポイントです。

 

みてねみまもりGPS
販売サイト

 

まもサーチ2|バランスのとれた優等生なGPS

子どもGPS まもサーチ2の商品画像とアプリ画面

まもサーチ2は、非常にバランスのとれた子ども用GPSです。

基本的に必要な機能、性能を備えており、バッテリー容量も1,100mAhあり、万能型といえます。

商品名 まもサーチ2
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
5,980円(税込)
月額利用料 528円(税込)
2年間利用の料金目安 18,652円(税込)
子供からの通知機能 あり

最短更新頻度

1〜2分ごと

通信エリア

SoftBank LTE

バッテリー容量

1,100mAh

防水性能など

生活防水・防塵性能(IP65)

基本的な機能は揃っていますが、GPSの移動スピードを基に移動手段を判別する「乗り物判定」などのプラスアルファの機能は無かったりするため、購入には注意が必要です。

 

まもサーチ2 販売サイト

 

 coneco|メッセージのやりとりができる子ども用GPS

子どもGPS conecoの商品画像とアプリ画面

conecoは、車用品の製造販売で知られるカーメイトが販売している子ども用GPSです。

1番の特徴は、保護者(スマホ)とお子さん(GPS)で、メッセージのやりとりができることです。

スマホからは打った文字が送信でき、GPSからは定型文を送ることができるため、待ち合わせや、予定の変更など、様々なシーンで活躍します。

 

商品名 coneco
形式 キーホルダー型(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
19,800円(税込)
月額利用料 480円(税込)
2年間利用の料金目安 31,320円(税込)
子供からの通知機能 定型文メッセージ
最短更新頻度 1分
通信エリア Docomo4G/LTE
バッテリー容量 620mAh
防水性能など IPX3相当

一見バッテリー容量が少なく、ディスプレイ表示のせいですぐに充電が必要かと思いますが、ディスプレイには電気消費がすくない電子ペーパーを使用。

そのため、思ったよりもバッテリーは持ちます。

音声メッセージのやりとりができるGPSはいくつもありますが、文字でのやりとりができるのはconecoだけです。

音声でのやりとりよりも文字を送りたいという方には非常にオススメの子ども用GPSと言えます。

 

coneco 販売サイト

 

myFirst Fone R1s|海外発の子ども用スマートウォッチ

GPS付きウォッチ myFirst Fone R1sの商品画像とアプリ画面

myFirst Fone R1sは、シンガポール発の子ども用品を開発しているOAXISが販売するスマートウォッチです。

GPS機能を持ち、音声通話・ビデオ通話も可能で、メッセージのやりとりも可能と、欲しい機能が詰まっています。

 

商品名 myFirst Fone R1s
形式 腕時計型
(スマートウォッチ)
本体価格
(+初期手数料)
26,980円(税込)
月額利用料 980円(税込) ※最初の3ヶ月無料!
2年間利用の料金目安 47,560円(税込)
子供からの通知機能 音声通話・ビデオ通話・定型文メッセージ
最短更新頻度 1分
通信エリア SoftBank LTE
バッテリー容量 580 mAh
防水性能など IPX8

腕時計のため、常に身につけておけるので、GPS端末をカバンにいれたまま放置してしまい、子供の現在位置がわからないといった、あるあるの問題も起きづらいのも嬉しいところです。

ただ、小学校へ持って行けるかについては、学校ごとの方針に従う必要があります。

機能としてはほとんどスマホなので、他のGPS端末に比べ、持ち込みに制限がある可能性が高いため、購入前に小学校へ確認しましょう。

 

myFirst Fone R1s
公式ウェブサイト

 

はろここ|コクヨから新発売の最新子どもGPS

「はろここ」は、文房具でおなじみのコクヨが、2023年3月に発売した最新の子ども用GPSです!

子ども用GPSに必要な、基本機能をしっかりと備えています。

忘れ物防止タグの「はろたぐ」や、お子さんの留守番時に保護者とメッセージのやり取りができる「はろもに」など、家族のコミュニケーションが取れる商品が新しく登場しました!

「はろここ」は、「はろたぐ」とbluetoothで連携することで、傘の置き忘れなどを防止できたり、さまざまな場面で活躍しそうです。
はろここ&はろたぐのセット購入する方が、全体の30〜40%ほどおられるそうです!

お子さんも持っているだけで嬉しい気持ちになるよう、デザインもかわいくなっています。

商品名 はろここ
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格
(+初期手数料)
6,930円(税込)5,930円(税込)
月額利用料 580円(税込) ※初月無料
2年間利用の料金目安 20,270円(税込)19,270円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 1分
通信エリア SoftBank LTE
バッテリー容量 不明
防水性能など IP65(生活防水)

 

まなびちユーザーだけの600円割引クーポンコードはこちら! 

HelloMB2401

 

\クーポンコード入力で600円割引/はろここ公式ウェブサイト「HelloMB2401」をコピーしておいてね!

 

 

子ども用GPSおすすめ13商品の料金・機能比較

次は、この記事でご紹介している子ども用GPSおすすめ13商品の料金と主要機能を比較しました。

子ども用GPSの費用・料金比較

子ども用GPSは、2022年頃から「音声メッセージ機能」のあるものが増えました。

そのため、基本機能のみのGPSと、音声メッセージ機能ありのGPSに分類分けし、「初期費用」の「2年間のランニングコスト」をまとめました。

基本機能のみの子ども用GPSの比較

単純な価格だけでまとめているので、性能、機能、デザインなどの違いを見比べた上での参考にしてください。

基本機能GPS
初期費用 1年間合計 2年間合計
ソラノメ 12,320円 18,788円 25,256円
あんしんウォッチャーLE 3,975円 10,444円 \安さ1位/
16,911円
goo of things いまここ
どこかなGPS2 7,480円 10,648円 \安さ2位/
16,984円
みもりGPS 8,580円 17,556円 26,532円
みてねみまもりGPS 5,280円 11,616円 \安さ3位/
17,952円
まもサーチ2 5,980円 12,316円 18,652円
coneco 19,800円 25,560円 31,320円
はろここ 5,930円 13,310円 19,270円

※金額は税込金額
※2023年7月3日時点の各社キャンペーン価格による試算

音声メッセージ機能付きGPSの比較

音声メッセージ機能付きGPS
初期費用 1年間合計 2年間合計
amue link 5,980円 14,956円 \安さ2位/
23,932円
BoTトーク 5,280円 14,256円 \安さ1位/
23,232円
otta.g(音声パック80) 14,080円 24,640円 35,200円
myFirst Fone R1s 26,980円 35,800円 47,560円

※金額は税込金額
※2023年4月時点の各社キャンペーン価格による試算

 

子ども用GPSの機能比較

GPS端末ごとの、「子どもからの通知機能」や、「測位方法」、「バッテリー量」などを比較しました。

 

製品名 子供からの通知 測位方式 最短更新頻度 通信エリア バッテリー容量 防水
ソラノメ
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
3分ごと Docomo
4G/LTE
700mAh IP55
amue link
音声
衛星
携帯電話基地局
「みちびき」
1分ごと LTE-M IPX8/IP6X
いまここ
あんしんウォッチャーLE 衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
90秒ごと 4G/LTE 1,500mAh IP55

otta.g

音声
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
2分ごと 4G/LTE 650mAh IP55準拠
どこかなGPS2
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
3分ごと ソフトバンク
4G/LTE
1,810mAh IPX7/IP6X
BoT トーク

音声
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
1.5分 Docomo
4G/LTE
1,400mAh 生活防水
防塵
耐衝撃

みもりGPS
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
1分ごと
※6:00~8:30
Docomo
3G
1,300mAh IPX4
みてねみまもりGPS 衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
1.5分 Docomo
4G/LTE
2,000mAh 生活防水
IP55
まもサーチ2 衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
1~2分 ソフトバンク
4G/LTE
1,100mAh 生活防水
IP65
coneco
定型文
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
「みちびき」
1分 Docomo
4G/LTE
620mAh IPX3相当
myFirst Fone R1s
通話
定型文
衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
1分 ソフトバンク
4G/LTE
580mAh IPX8
はろここ 衛星
Wi-Fiスポット
携帯電話基地局
1分 ソフトバンク
4G/LTE
生活防水
IP65

※初期費用には、本体代金(希望小売価格か定価)と事務手数料(一部製品のみ)などを含んでいます。
※各料金は全て税込価格です。

 

子ども用GPSを子供に持たせるメリット

子ども用GPSのメリットは?

子供の現在位置を知りたいのであれば、キッズスマホ・ケータイを持たせるのも一つの方法です。

それでも、子供用GPSが注目されている理由はいくつかあります。

ここでは、子ども用GPSを持つメリットを3点ご紹介します。

  • 子ども用GPSは学校へ持って行ける
  • GPSの位置確認に追加料金が不要
  • 子供用GPSは、子供の居場所確認に特化し安価

子ども用GPSは学校へ持って行ける

子ども用GPSが注目されているのは、携帯電話を持って行けない小学校がまだ多くあるからです。

調査会社のマクロミルが2019年に小・中学生1,000名に調査をしたところ、小学生の42.8%が携帯電話(キッズ携帯・ガラケー・スマホのいずれか)を所有していました。

子供のスマホ保有率(42.8%)と、小学校へ持って行っている率(11%)

小学生の半数に迫る割合で携帯電話を所有していますが、実際に小学校に持って行っているのは全体の約11%だけでした。

それに対して、子ども用GPSは小学校への持ち込みが、ほとんどの端末で可能なため、保護者から支持されるようになりました。

ただ、携帯電話の持ち込める小学校もありますし、音声メッセージ付きGPSの持ち込みに制限のある小学校もあるため、購入する前に1度小学校へ問い合わせてみてください。

GPSの位置確認に追加料金が不要

キッズケータイでも、子供用GPSのように、保護者のスマホから現在位置を確認できるサービスはあります。

ただ、オプション料金のため、追加の利用料金が発生する場合もあるため、「子供が今どこにいるか知りたいだけ」という方には、割高感があるのも事実です。

そのため、基本料金の中で、子供の位置確認が何度もできる子ども用GPSが求められているのです。

逆に、以下のような方だと、キッズ携帯やスマホを持たせた方が良いでしょう。

キッズ携帯がおすすめの方
  • 小学校への携帯、スマホ持ち込みOK
  • 休日に利用する機会が多い
  • 子供とコミュニケーションが必要

子ども用GPSは、子どもの居場所確認に特化し低コスト

子ども用GPSは、「子どもの居場所確認」に機能を絞り込んでいます。
低学年でも安心なようにボタンも1つだけだったりと、シンプルなデザインをしています。

また、子どもの位置を測定する「更新頻度」も1分間隔に設定できる製品もあり、ほぼリアルタイムの情報を確認できるのも強みの一つです。(キッズケータイだと、5分間隔の更新の場合も)

以上3点が、キッズケータイではなく、子ども用GPSを買い求めるご家庭が増えている理由です。

子ども用GPSの主な基本機能

子ども用GPSの基本機能紹介

子ども用GPSには、基本的な機能として下記の4機能があります。

  • 現在位置の確認
  • スポット登録
  • 通知・連絡機能
  • 移動履歴の保存・確認

現在位置の確認機能

現在位置の確認機能は、子ども用GPSの最も大切な機能です。

GPS衛星や携帯電話基地局などを使って、子供の現在位置を計測し、保護者のスマホで確認できます。

さまざまな計測方法が用いられており、端末によって少し違いもあります。

ちなみに、複数のスマホにGPSを登録できるため、両親と祖父母みんなで子どもの安全を確認することもできます。

スポット登録機能

事前に、学校、習い事の教室、公園、入ったらだめなエリアなどを、設定することができます。

スポット登録をしておくと、そのエリアに子どもが入った際に保護者のスマホに連絡が来るようになっています。

GPS端末によって、登録できる上限数が違うため、事前にご確認ください。

通知・連絡機能

子ども用GPSの通知・連絡機能は大きく分けて下記の4つが挙げられます。

通知・連絡機能
  • 自動通知
  • 手動通知
  • 音声メッセージの送受信
  • 定形メッセージの送受信

自動通知:スポット登録しておいた場所に入ったら

スポット登録したエリアに入った際に、保護者のスマホに通知が届きます。

この機能があれば、お子さんがどこにいるか、学校や習い事にちゃんと行っているかを逐一スマホで確認しなくても大丈夫になります。

手動通知:子供が本体のボタンを押して

GPS本体のボタンを子供が押すと、保護者のスマホに現在地を通知する機能もあります。

ボタンは押しやすい所に付いているため、何かあった時とっさに押せます。

手動通知は、「そろそろ家に着くよ!」や、「習い事終わったし迎えにきて!」など、ご家庭でルールを決めて使うことをオススメします。

ルール外での通知がきた際は「何かのSOS」だと、事前に子供と打ち合わせしておきましょう。

音声メッセージの送受信

数秒程度の、音声メッセージを相互にやり取りすることができます。

GPS端末によっては、やり取りできる回数に上限がある場合も。

音声でやり取りできるため、保護者から子どもに伝えたいことがある場合、コミュニケーションが取れるため、2022年ごろから、この機能を備えたGPS端末が増えています。

定型文メッセージの送受信

あらかじめ決められたメッセージの中から選んで、保護者のスマホに連絡をすることができます。

この機能を備えているGPS端末は多くありませんが、気軽に連絡を取れることがメリットです。

移動履歴の保存・確認

GPS端末によっては、過去数日間〜数ヶ月間のお子さんの移動履歴をスマホで確認する機能もあります。

この機能に関しては、親御さんによって重視するかどうか分かれるポイントなので、気にされる方は「記録できる期間」を確認しておきましょう。

子どもにおすすめスマホGPSアプリ3選|無料で使えるものも

スマホのGPSアプリ

お子さんがすでにスマホを持っている場合の位置確認には、GPSアプリがおすすめです。

気軽に使える無料のものもあれば、機能の多い有料のものあるため、おすすめの3つのGPSアプリをご紹介します。

  • iシェアリング
  • Life360
  • ココダヨ

iシェアリング


出典:apple.com

「iシェアリング」は、家族の位置情報がリアルタイムで把握できるアプリです。

学校や習い事の教室へ出入りした時などに、通知の送受信ができ、チャットのやりとりも可能です。

緊急時に備え、子供だけでなく、家族全員で導入するのもおすすめです。

Life360


出典:apple.com

「Life360」は、お互いの位置情報を共有できるアプリです。

個人、グループでチャットができるので、他のアプリを使用することなくやりとりも可能です。

お子さんのスマホのバッテリー残量も分かるのも、おすすめできるポイントです。

ココダヨ|災害情報や家族の安否確認も可能



ココダヨは、子どもの位置確認だけでなく、災害警報に連動して、家族の位置情報の共有が可能なアプリです。

有料のアプリのため、もしものときに使用できる機能が多い点が魅力です。

いざというときでも落ち着いて対応できるように、日常的に使っておくことをおすすめします。

詳細はこちら:https://www.cocodayo.jp/

子ども用GPSのよくある質問【FAQ】

子ども用GPSに関するFAQ

子ども用GPSの月額費用は?

子ども用GPSの月額費用は、だいたい500円前後です。

音声メッセージ機能付きGPSで月額700円程度となり、少し割高になります。

ただ、親子での連絡の幅も広がるため、音声メッセージ機能付き子ども用GPSが増えてきています。

月額料金がかからない”買い切り”の子ども用GPSはある?

2023年現在、月額無料の子ども用GPSはありません

基本的には、毎月300〜900円ほどの月額費用が発生します。

ただ、月額費用が初月無料や、最初の6ヶ月無料、最初の12ヶ月無料というGPSはあります。

月額無料期間があるGPS
  • 初月無料・・・goo of things いまここ
  • 最初の6ヶ月無料・・・どこかなGPS2
  • 最初の12ヶ月無料・・・あんしんウォッチャー

月額費用の無料期間があったとしても、本体代が割高だったり、1年以上利用するとトータルのコストは、他の商品とあまり変わらず、めちゃくちゃおトクというわけではないことも多いため、ご注意ください。

子ども用GPSはどうやって持たせる?

付属、別売りのストラップを付けられるキーホルダータイプのGPSなら、首にかけて持たせる事ができます

また、ランドセルからキーホルダーでぶら下げることもできます。

ランドセルの中に入れておいても信号や電波には影響はないので、ランドセルに入れたまま持たせることも可能です。

習い事に行く際に、カバンを持ち替えることが多いと、GPS端末を忘れることもあるので、首からかけておけば、そのような失敗は減るかと思います。

子ども用GPSを首にかける、ランドセルからぶら下げておくと、外から見てわかりやすいため、犯罪の抑止にも繋がります。

GPSはどういう子どもに持たせるべき?

子ども用GPSは、基本的には端末の操作を必要としません。
そのため、小学1年生のうちからかんたんに持たせておくことができるでしょう。

しかし、GPS端末の機能がたくさんある場合は、使い方を一気に覚えさせようとしないことが大切です。

小学校生活に慣れていく中で、少しずつGPS端末の機能を子どもが使えるようになれば問題ないので、慌てずにいきましょう。

子ども用GPSはいつから必要?いつ買う?

GPS端末が付いているランドセルと4月のカレンダー

一番多いケースは、小学校入学のタイミングでしょう。

小学校入学前には保護者とともに行動していた子供が、小学生になった途端一人で行動するようになるためです。

ただ、子ども用GPSを持たせるタイミングはそれぞれです。

  • 小学校に入学するタイミング
  • 学年が上がり、子供の行動範囲が広くなりだしたら
  • 両親ともにフルタイムで働くようになったら

高学年になっていくと、キッズケータイやスマホも視野に入ってきますが、低学年のうちは必要ない機能もあったりします。

子ども用GPSは、小学校に入学する前に準備して、親子ともに使い方をマスターしておくと安心ですね。

以前に比べて注目されていることから、3月に入ると各メーカー在庫切れになりやすいため、早めの購入をおすすめします。

関連記事:小学校の入学準備で必要なものを全て紹介|小学校入学前にやっておくべきことも解説

子ども用GPSはなぜ必要?|子供の犯罪被害の現状

小学校に入学すると、子供だけで登下校することがほとんどになります。

そのときに気を付けなければいけないのが、『子供への声かけ事案』です。

声かけ事案とは、18歳以下の者に対して、犯罪行為には至らないが、「声をかける」「手を引く」「肩に手をかける」「後をつける」等の行為で、略取・誘拐や性的犯罪等の重大な犯罪の前兆として捉えられる事案をいう。
引用元:埼玉県警察本部「子供に対する声かけ事案」

引用:埼玉県警察本部 生活安全部生活安全総務課

埼玉県では、令和1年(2019年)に、小学生以下の子供に対する『声かけ事案』が年間1,865件発生しており、これは1日に6件程度発生していることになります。

全体の50.7%が、15時〜17時台の下校、帰宅時間に集中しています。

そのため、何かあった時だけでなく、外から見て目立つところに子ども用GPSを付けておくことが、こういった事案や犯罪の抑止となるのです。

小学生の防犯についてALSOKさんにも聞いてみた

ALSOKの警備員と警備車

小学生になると、それ以前に比べて行動範囲が広がり一人で行動することも増えるため、その分犯罪に巻き込まれる確率も高くなります。

そこで、防犯、セキュリティのプロであるALSOK(アルソック)さんに、『小学生になってから気をつけないといけない防犯対策』についてご意見をいただきました。

\お話しを聞いたのは/

●山﨑さん
ALSOK 綜合警備保障株式会社
HOME ALSOK事業部

Q1 小学生になってから気をつけるべき犯罪は?

小学生が巻き込まれる犯罪は様々ありますが、その中でも「連れ去り」や「強制わいせつ」が多いです。

この2つは、状況にもよりますが、事前に自分の身を守る方法を身につけておくことで、防ぐことができる犯罪でもあります。

Q2 通学路ではどういうことに気をつけるべき?

通学路で特に注意して欲しいのは、以下の2点です。

  • 見知らぬ人からの声かけ
  • 交通事故

時間帯としては、下校時、習い事からの帰宅時などの夕方が危険と言われています。

また、不審者は大人だけではありません。
高校生や中学生にも気を付けなければなりません

通学路での事故の多くは、横断歩道の歩行中に発生しています。
しっかり周りを見て安全を確認することが大切です。

Q3 子供たちは普段どういった防犯対策をする必要がありますか?

防犯対策としてすぐにできる対策は、複数人で行動することです。
一人でいる子どもが狙われるケースが多いため、できる限り複数人での登下校、帰宅をするようにしてください。

保護者のかたは、子どもたちにわかりやすいように、通学路の危険な場所を一緒に探して、交通ルールを学び、また、不審者と出会った時をイメージして具体的に何をするべきか伝えておくと良いでしょう。

ALSOKが開催している「ALSOKあんしん教室」では、教室や体育館などで、子供達が大きな声を出しながら逃げる練習をします
危険な場面に出くわした時に、子供たちがとっさに行動できるよう、体で覚えてもらうためです。

いざ自分が危険な場面に出くわすと、大人でも固まってしまうので、常日頃から体が動ける準備をしておくことがとても大事なんです。

ALSOKあんしん教室

ALSOK社員による小学校での安全教室の様子

ALSOKが2004年から行なっているCSR活動の一つ。
社員を講師として小学校などに派遣する防犯出前授業。

「防災」や「救急救命」、「インターネット上の護身術」など、児童をとりまく環境の変化に合わせて授業内容の追加・改訂を重ねています。
これまでに、延べ53,793回、1,682,391人を対象に授業を行ってまいりました(2021年12月末現在)。
引用:ALSOKホームページALSOKあんしん教室

Q4 「防犯ブザー」や「子供用GPS」は有効?

防犯ブザーなど、周りに緊急性を知らせるアイテムも有効です。

選ぶ時のポイントは使いやすさや音量はもちろんですが、通報する機能があるものだとより安心です。
そして、通報機能を使いながらも、できる限りその場から逃げることが最も重要となります。

子供用GPSも、子供の現在地確認だけではなく、ブザー機能があるものを選ぶといざという時、より役に立ちますね。
ブザー機能がないものを選ぶ場合は、「防犯ブザー」も合わせて購入しておく方が良いでしょう。

子ども用GPSが一時的に必要な時はレンタルも

日常的に、GPS端末を使用する予定がなくても、旅行時などに利用したいという保護者も多くおられると思います。

そういう時におすすめなのが、GPSのレンタルサービスです。

その一つとして株式会社トレミールが運営している「TRE GPS レンタル」というレンタルサービスはがあります。

国内旅行やレジャー施設、キャンプ場に行った際に、子供がはぐれてしまわないようにレンタルする利用者が多いようです。
また、海外でも使用できる端末もあるため、海外旅行や子供の海外留学の際に持たせていくというニーズも増えているとか。

普段は利用しないが、短期的に使用したい場合は、レンタルサービスも検討するのがおすすめです。

TRE GPS レンタル

子ども用GPSまとめ

子供が小学生になる前にチェックしておくべき子供用GPSを13商品紹介しました。

どれも魅力的ですが、ピンとくるものはありましたか?

子供の安全を守るためにも複数の「見守る目」はあった方が安心ですよね。

GPSを持たせていれば、子供たちの行動範囲が広くなっていっても安心して見送ることができるかと思います。

 

\この記事を書いたのは/

まなびち編集長 たつや
自然体験学習施設BSCウォータースポーツセンター滋賀県防犯協会会員)の小学生キャンプディレクター。
毎年1,000人以上の小学生が参加する子供だけの自然体験キャンプを企画・運営。
自身も、小学生の夏休みには親元を離れ、遠く山梨で開催された30泊31日サマーキャンプへ2度参加。
その際、初めて生の「東京弁」に出会う。
早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)を修了。

CONTACT 掲載に関するお問い合わせ

まなびち公式SNS