• 子育て

女の子におすすめの習い事は?小学生女の子の習い事ランキングについて解説|女の子が習い事をすることへの注意点。

「娘になにか習い事をさせたい」このように考える親御さんは多くいます。
習い事はピアノやバレエ、水泳など種類が豊富です。
どのような習い事をさせようか悩みますよね。

具体的にやりたいことがある!という場合もあれば、漠然と「なにか習い事を」と考えることもあるでしょう。
実は習い事選びには、女の子ならではのポイントがあります。

そこで今回は、女の子におすすめな習い事を5つご紹介します
習い事の人気ランキングや選ぶ際の注意点にも触れますので、参考にしてみてください。

小学生の女の子習い事ランキングを公開

小学生の女の子には、ピアノやバレエ、水泳などの習い事が人気です。

下記では、学研総合教育研究所が発表したデータをもとに、小学生の女の子習い事ランキングを公開します。

順位

習い事

1位

水泳

2位

音楽教室

3位

4位

英会話

5位

通信教育

6位

書道

7位

そろばん

8位

ダンス

9位

体操

10位

バレエ

参考:学研総合教育研究所

習い事ランキング1位に輝いたのは、性別関係なく人気がある水泳です。
水泳は筋力アップだけでなく、心肺機能や免疫力の向上にも効果的と言われています。
「幼い頃から通わせたい」と考える親御さんも多いです。

次ぐ2位は、歌や楽器などを含めた音楽教室です。
中でもピアノは、教養によいと高い人気を誇っています。
ピアノは指先を使うため、脳の発達にもよいです。

3位〜7位は、学習系の習い事が占めています。
とくに小学校高学年になると、塾や英会話、通信教育に通う子供が増える印象です。
どの習い事も、馴染み深いものばかりでしょう。
娘さんと話をしながら、相性のよい習い事を選んでください。

関連記事:【厳選】子供に習わせて本当に良かったおすすめ習い事ランキング9選

女の子に習い事をさせるメリット

女の子に習い事をさせるメリットは、下記の通りです。

  • 明るい子に育つ
  • 体が強くなる                
  • 交友関係が広がる

著者が実際に感じた魅力も交え、詳しく解説します。

明るい子に育つ

女の子の習い事には、明るい子に育つというメリットがあります。

特にスポーツを習わせると、体を動かすことで日々のストレスを発散でき、表情が明るくなります

また習い事でスキルが身につくと、自信がつき自己肯定感が高まります。
さらにスポーツは上達がわかりやすく、自然に前向きな姿になるでしょう。
習い事を通して、いきいきとした生活を送れるようになります。

ただしスポーツには、向き不向きがあります。
娘の意見を尊重し、楽しめる習い事を選びましょう。

体が強くなる

女の子にスポーツ系の習い事をさせると、体が強くなるというメリットもあります。

中でも全身運動である水泳は、効率的に筋力アップが期待できるのでおすすめです。
筋力がつくと、同時に免疫力の向上にも繋がります。
その結果、風邪を引きにくい体になるのです。

また怪我のリスク低下、という安全面にも期待できるでしょう。
特に幼い時期にスポーツを始めれば、スキルの上達もはやいです。
メンタル面も成長するので、心身ともに強くなれるでしょう。

関連記事:【小学生向け】子供にオススメのスポーツ系習い事|人気の習い事は?ランキングでご紹介

交友関係が広がる

女の子に習い事をさせるメリットには、交友関係が広がるという点も挙げられます。

習い事へ通うのは、同じクラスや学校の友人だけとは限りません。
さまざまな子供が集まることで、自然と交友関係が広がっていくでしょう

交友関係が広がれば、新しい価値観に触れられ社会性も身につきます。
場合によっては親同士の付き合いも含め、親しい友人の輪が生まれるでしょう。
「友達と一緒だから頑張れる」と、やる気やモチベーションにも繋がります。

女の子に習い事をさせるデメリット

女の子に習い事をさせるデメリットは、費用が比較的高いことです。

中でもバレエは高額と有名で、月謝相場は週1回のレッスンで7,000円~1万円程度になっています。

さらに音楽教室やダンス、バレエなどは月謝以外の出費も大きいです
例えば自宅で練習するための楽器や発表会の衣装、遠征費がかかる場合があります。
ピアノは10万〜30万円程度、バレエの発表会では1回につき5万〜10万円かかるケースもあります。

毎月の月謝や定期的に発生する費用は、家計の負担にならない範囲におさめましょう。
家族でしっかり話し合うことが大切です。

女の子の習い事の選び方について

女の子の習い事を選ぶときは、「本人が環境に馴染めるか」という点がとても重要です。
一般的に、女の子は男の子よりも繊細な子が多くいます。
せっかくはじめた習い事なのに、子供のストレスになっては本末転倒です。

子供は好奇心旺盛なので、「これやりたい!」と希望することもあるでしょう。
そんなときは「本当に興味があるのか?」「続けられそうな内容か?」をしっかりと話し合い、見極めることが大切です。
そしてときに「やりたい」よりも「環境が合うか?」を優先すべき場合もあります。

習い事を選ぶときは、できるだけ体験レッスンを受講しましょう。
体験レッスンは受講内容だけでなく、クラスや先生の雰囲気も見られる貴重な機会です。
「入ってみたけど楽しくない」という結果をうまないよう、注意しましょう。

参考:子供の習い事、親子のストレスになってませんか?対処法紹介します。

女の子ならではの習い事での注意点

習い事をするときには、女の子ならではの注意点があります。

  • 送迎は責任をもって親がする
  • 褒めてあげる
  • 怪我に気をつける

とくに送迎は、子供の安全のために重要なポイントです。
親がしっかり責任をもちましょう。

送迎は責任をもって親がする

女の子に習い事をさせるとき、送迎は基本的に親がしましょう。

幼い場合は送迎が必須ですが、小学生になると「もう1人でいける」と思いがちです。
しかし遠方でなくとも、道中にはさまざまな危険があります。

とくに帰宅時は、不審者や交通事故に遭うリスクが高まります。
習い事によっては帰宅時間が遅くなる場合もあるので、注意しましょう。
どうしても親御さんが送迎できないときは、信頼できる知り合いにお願いしてください。
もちろん同じ習い事をしている友人の、親御さんでも問題ありません。
お願いするときは、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

褒めてあげる

女の子に限らずですが、子供に習い事をさせるときは褒めてあげることが大切です。

例え好きではじめた習い事でも、ときに挫折を経験します。
とくにピアノやバレエなどは難しいので、完全に挫折してしまわないよう、褒めてモチベーション管理をしましょう

1番やってはいけないのは、他人と比べることです。
「すごいね」「頑張ってるね」など子供の気分が上がるような声かけを意識しましょう。

著者も過去にピアノの習い事を経験しています。
ピアノは自宅での練習が必須ですが、気分が上がらず「やりたくない」ときもありました。
親御さんがそばでサポートすることで、子供のモチベーションに繋がります。

参考:効果すごい?子供を伸ばす褒め方4選|褒め方のコツや良い褒め方の例

怪我に気をつける

女の子に習い事をさせるとき、注意したいのは怪我に気をつけることです。
スポーツの習い事もさまざまですが、なかには少々激しいものも存在します。

スポーツをする上で怪我を負うことはありますが、顔への怪我は注意してあげましょう。
幼いうちは気にならなくても、跡が残るようなら今後が心配です。
とても気にすると思いますので、気をつけましょう。

スポーツの習い事の中でも、水泳は怪我のリスクが比較的小さいのでおすすめです。
効率的に体を強くでき、人生で役立つ「泳ぐ」というスキルも身につきます。

女の子に人気でおすすめしたい習い事

世の中にある習い事は、多種多様です。
とくに女の子に人気でおすすめしたい習い事をご紹介します。

  1. ピアノ
  2. バレエ
  3. ダンス
  4. 水泳
  5. 英会話  
    

もちろん娘さんの「やってみたい」という気持ちを、尊重することも大切です。
詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

ピアノ

女の子に人気が高いピアノは、技術面以外でも多くのメリットを得られる習い事です。
もちろん「ピアノを弾ける」「楽譜を読める」というスキルも身につきます。
しかしそれ以上に、ピアノを習うことで「感性」や「主体性」を育てられるのです。

ピアノは日々の練習を積み重ねて、はじめてスラスラと弾けるようになります。
この経験が、今後の物事に取り組む真摯な態度に繋がります。

またピアノには、感性を磨くという魅力もあります。
さらに指先や頭脳を使うことから、ピアノは脳機能の発達にもよいです。
「曲を弾けるようになる」「発表会で演奏する」などの、成功体験も得られるでしょう。

バレエ

バレエはしなやかな動きが印象的で、女の子に人気がある習い事です。

バレエでは音楽性や表現力を育むだけでなく、筋力や美しい姿勢も身につけられます。

バレエはインナーマッスルに多い「赤筋」を鍛えられる習い事です。
赤筋は長持間の収縮が可能で、バレエのような運動に適しています。
赤筋がつくことで体が強くなり、姿勢がよくなります。

また子供にバレエを習わせるなら、先生との相性を重視しましょう。
先生との相性はモチベーションにも繋がりますので、事前に体験レッスンや見学を通して教室を選びましょう。

ダンス

さまざまな種類があるダンスも、女の子に人気の高い習い事です。
ヒップホップやジャズ、フラダンスなど幅広いジャンルがあります。

ダンスは体を激しく動かすので、ストレス発散に効果的です。
さらに筋力の向上、リズム感覚も身につきます。ダンスはグループレッスンが多いため、さまざまな学校・年齢の子供たちとの付き合いが増えます。
そのため協調性が養われ、コミュニケーション能力の向上が期待できるのです。

最近ではK-POPの人気が高く、専門のコースを設けているダンススタジオも多く存在します。
ダンスは幅広い年代で人気があるので、長く続けられる習い事と言えるでしょう。

関連記事:子供にダンスの習い事がおすすめな理由を解説|小学生・中学生・高校生に人気でおすすめのダンススクールを紹介

水泳

水中運動である水泳は、女の子にも人気がありおすすめです。

水中スポーツのため免疫力や筋力、心肺機能の向上が期待できます。
また水泳は水中で行うため、幼児期からはじめても身体に負担がかかりにくいスポーツです。

中には階級制度を設けた、スイミングスクールも多数存在します。
進級というステップを踏むことで、やる気や達成感を味わえるのです。
子供のモチベーションが高まれば、自主性や社会性が育つでしょう。

水泳は幼児期にはじめると、精神系の成長によい影響を与えます。
はじめるのは、5歳までがおすすめですが、遅くても問題ありません。
ぜひ検討してみてください。

関連記事:【1番人気】子供が水泳を始めるメリット5つを紹介!脳発達にも効果抜群って本当?

英会話

女の子に人気な習い事の1つに、英会話があります。
近年のグローバル化の進展で、国も小学校からの英語教育を重要視しています。
そして小学校の英語学習において、「小学校外国語活動実施状況調査(H24)」では下記のようなアンケート結果が発表されました。

  • 小学生の7割が「英語が好き」「英語の授業が好き」と回答
  • 中学生の8割が「小学校の英語の授業(簡単な英会話)が役に立った」と回答

※文部科学省:「小学校外国語活動実施状況調査(H24)」

小学生の英語学習は、今後の意欲向上にも繋がります。
また英会話を通して、コミュニケーション能力の向上も期待できるのです。
英会話のスキルは今後ますます必要になるので、気になる人はぜひチェックしましょう。

関連記事:【子供英会話】幼児~小学生にオススメ!英会話教室5選|教室の選び方も確認

女の子の習い事はいつからさせればいい?

女の子の習い事を決めたとき、「いつからさせればいい?」と疑問に思う親御さんは多いです。

習い事をしている子供は、近年増加しています。
3歳〜小学生の子供を持つ親御さんを対象にした調査では、「習い事をしている」と回答した人が63.4%にも昇りました。

そして習い事をはじめた時期は、約半数が「小学校入学前」と回答しました。
またスポーツ系の習い事では、特に「小学校入学前」から始める子どもが多い傾向にあります。

参考:株式会社バンダイ「習い事に関する意識調査」

著者は水泳とピアノを、4歳から習っていました。
はやいところでは、3歳または幼稚園から受け入れてくれます。
年齢にあった指導を受けられるので、子供に無理をさせない範囲で検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:保存版!子供の習い事はいつからがいい?

女の子向けの珍しい習い事は?

女の子向けの、珍しい習い事もおすすめです。
気になる人はチェックしてみてください。

習い事

特徴

フィギュアスケート

国内外で人気、月謝相場が20,000〜40,000円と高額

チアダンス

近年教室が増加傾向にある

茶道

所作を理解できる小学生以降がおすすめ

フィギュアスケートは国内だけでなく、国外でも人気が高い習い事です。
珍しいイメージがありますが、フィギュアスケート教室は全国に展開しています。
バランス感覚や表現力を身につけられるスポーツです。
ただし月謝相場が比較的高い、というデメリットがあります。

チアダンス教室は近年増加傾向にあり、人気も高まっています。
キッズチアダンスの費用相場は4,000円〜8,000円程度が一般的で、比較的通いやすいでしょう。

茶道では相手を敬う心や、おもてなしの精神を育めます。
何歳からはじめるべきという決まりはないですが、所作を理解できる小学生以降がおすすめです。

まとめ-女の子の習い事は慎重に選びましょう!

女の子の習い事は、注意点を踏まえ慎重に選びましょう。
通う際には「親がサポートできるか?」「通い続けられるか?」を重視し、無理のない範囲で通わせるのがおすすめです。

女の子の習い事には、それぞれに魅力的なメリットが多数あります。
本人の気持ちを尊重しながら、習い事を決めましょう。

習い事で得た経験やスキルは、今後の人生にもよい影響を与えます。
そして、著者も習い事に通わせてくれた両親に、感謝しています。
家族と話し合い、素敵な習い事をはじめましょう。

CONTACT 掲載に関するお問い合わせ

まなびち公式SNS