月額無料の買い切り型子どもGPSを徹底比較!メリットとデメリット、誰に向いてる?

多くの小学生が持つようになった子ども用GPSは、どの商品も、毎月数百円の月額費用を支払う必要があります。

この記事では、そんな月額費用が必要ない、買い切り型の子ども用GPSについて解説します。

そもそも月額無料の子ども用GPSが存在するのか、どの様なメリットやデメリットがあるのかも解説しているので、購入の際に参考にしてください!!

子ども用GPSに月額無料の買い切り型はあるの?

子供用GPSの6機種

結論、購入後に一切月額費用のかからない買い切り型子供用GPS端末は、残念ながら存在していません。(2024年2月時点)

ただ、数ヶ月〜1年間、月額費用のかからない子供用GPSは購入可能なので、そのメリット、デメリットも含めて、詳しくご紹介します!

まなびちでは、現在販売されている主な子ども用GPS14機種を徹底比較した記事も公開中です!

月額無料の買い切り型の子ども用GPS3選

購入後、一定期間月額費用の発生しない子ども用GPSは下記の3端末です。

  • あんしんウォッチャー|KDDIの12ヶ月間無料のGPS
  • どこかなGPS2|ソフトバンクの6ヶ月間無料のGPS
  • myFirst Fone R2|myFirst japanの3ヶ月無料のスマートウォッチ

あんしんウォッチャー|1年間、月額無料でつかえる!

KDDIから発売しているGPS端末「あんしんウォッチャー」は、利用開始1年間は、月額利用料が必要ありません。

無料期間の1年が過ぎた後は、月額539円(税込)が必要になります。

KDDIからは、機能・性能の変わらない「あんしんウォッチャーLE」という子供用GPSも発売されいます。

違うのは支払い方法のみで、「あんしんウォッチャーLE」の場合は、月額費用が初月のみ無料で、2ヶ月目以降は毎月利用料539円(税込)が発生します。

商品名 あんしんウォッチャー
形式 キーホルダー型
(ストラップ穴あり)
本体価格(+初期手数料) 11,000円(税込)
月額利用料 最初の12ヶ月間無料
それ以降は539円(税込)
2年間利用の料金目安 17,468円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 1.5分
通信エリア 4G/LTE
バッテリー容量 1,500mAh
防水性能など IP55

 

あんしんウォッチャー
公式ウェブサイト

 

どこかなGPS2|6ヶ月間、月額無料でつかえる!

どこかなGPS2は、ソフトバンクから発売中の子ども用GPSで、前モデルに比べて性能は大幅にアップしています。

利用開始後、6ヶ月間は月額費用無料で使用できるため、トータルのコストを抑えることができます。

端末には「今ここ」ボタンがついており、子供から保護者スマホに向けて発信できます。
ボタンを押すタイミングを、親子であらかじめ決めておけば「今から帰るよ」「迎えに来て」などのメッセージ代わりになります。

また、子供とお出かけしている際、保護者のスマホから離れるとお知らせしてくれる機能もあり、迷子防止に役立つので入学前から使うのもおすすめです。

商品名 どこかなGPS2
形式 携帯型
(ランドセルに入れっぱなしでOK)
本体価格(+初期手数料) 7,480円(税込)
月額利用料 最初の6ヶ月間無料
それ以降は528円/月
2年間利用の料金目安 16,984円(税込)
子供からの通知機能 あり
最短更新頻度 3分
通信エリア  ソフトバンク4G/LTE
バッテリー容量 1,810mAh
防水性能など IPX7/IP6X

 

どこかなGPS2 販売サイト

 

 

myFirst Fone R2|3ヶ月間、月額無料でつかえる!

子供用GPS端末のmyfirstfoner2の写真

myFirst Fone R2は、シンガポール発の子ども用品を開発しているmyFirst Japan(旧OAXIS)が販売するスマートウォッチです。

月額利用料は、他のGPS端末に比べて高額ですが、利用スタート後3ヶ月間は月額無料で使用可能です。

GPS機能を持ち、音声通話・ビデオ通話も可能で、メッセージのやりとりも可能と、欲しい機能が詰まっています。

商品名 myFirst Fone R2
形式 腕時計型
(スマートウォッチ)
本体価格
(+初期手数料)
26,982円(税込)
月額利用料 980円(税込) ※最初の3ヶ月無料!
2年間利用の料金目安 47,562円(税込)
子供からの通知機能 音声通話・ビデオ通話・定型文メッセージ
最短更新頻度 1分
通信エリア SoftBank LTE
バッテリー容量 605 mAh
防水性能など IP68

 

myFirst Fone R2
公式ウェブサイト

 

 

月額無料の子ども用GPS3機種の料金比較

今回ご紹介している3つのGPS端末を実際に使うと、どれくらいの費用になるのでしょうか。

本体代金、1年間、2年間での総合的な費用をお出ししたので、見比べてください。

月額無料期間のあるGPSのトータルコスト
初期費用 1年間合計 2年間合計
あんしんウォッチャー 11,000円 11,000円 17,468円
どこかなGPS2 7,480円 10,648円 16,984円
myFirst Fone R2 26,982円 35,802円 47,562円

※金額は税込金額
※2024年1月時点の各社キャンペーン価格による試算

月額無料の買い切り型子ども用GPSのメリット・デメリット

月額無料の買い切り型GPSですが、購入後に一定期間利用料が発生しないため、それによるメリットとデメリットがあります。

買い切り型子供用GPSのメリット

長期間利用する場合、トータルのコストが安く抑えられることが、買い切り型子供用GPSを購入するメリットといえます。

買い切り型子供用GPSのデメリット

買い切り型子供用GPSは、その他の製品に比べて、本体代金が比較的高額になりやすいです。

そのため初期費用が高く、利用し始めたものの短期間で解約した場合、かえって高くついてしまったということも起こり得ます。

月額無料の買い切り型の子ども用GPSがおすすめな方

本体代金が比較的高い、買い切り型子ども用GPSは、長期間利用予定の方には非常におすすめです。

小学校入学のタイミングや、低学年のお子さんは、3〜4年以上利用することを想定してGPS端末を選ばれることでしょう。

そのため、長期の利用に向いている買い切り型GPS端末がおすすめです。

逆に、長期の利用予定がない場合は、初期費用を抑えるため、本体代金の比較的安いGPS端末を選ばれるのがお得と言えるでしょう。

まとめ|買い切り型の子ども用GPSについて

今回の記事では、購入後、一定期間月額利用料を払わなくても利用可能な子ども用GPS端末をご紹介しました。

長期的に使っていくのであれば、比較的安価に使うことができる反面、1年も経たずに解約してしまうと少し勿体無いのが特徴でしたね。

ただ、購入後、永続的に月額無料のGPS端末は現在のところ存在しないことも覚えておいてくださいね。

\この記事を書いたのは/

まなびち編集長 たつや
自然体験学習施設BSCウォータースポーツセンター滋賀県防犯協会会員)の小学生キャンプディレクター。
毎年1,000人以上の小学生が参加する子供だけの自然体験キャンプを企画・運営。
自身も、小学生の夏休みには親元を離れ、遠く山梨で開催された30泊31日サマーキャンプへ2度参加。
その際、初めて生の「東京弁」に出会う。
早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)を修了。

 

CONTACT 掲載に関するお問い合わせ

まなびち公式SNS