子供にとって楽しいキャンプでの遊びとは|シーン別おすすめの遊びも紹介

自然の中で行うキャンプやアクティビティでは、子供にたくさんの新鮮な経験をさせることができます。
この記事では、どのようなキャンプやアクティビティに子供を参加させようかと迷っている人に向けて、アウトドアでの遊びをシーン別に紹介しています。
子供が楽しめる遊びやアクティビティについて理解し、参加するキャンプを選ぶときの参考にしてください。

キャンプにおける子供の遊びとは?

子供がキャンプに参加すると、非日常的な場所で、未知の体験ができます。
食事や宿泊の準備をするだけでなく、自然に触れながら遊ぶことで新しい学びを得ることも可能でしょう。
キャンプ中に遊んでいるときは、いつも以上にワクワクした気分になり、まるで冒険をしているような感覚を味わえます。
キャンプでのさまざまな経験が、子供の成長にもよい影響を与えるのです。

子供はキャンプでの遊びから何を得る?

ここでは、子供がキャンプの遊びから得ることを具体的に紹介します。

想像力や発想力

自然の中で遊んでいるとき、子供はさまざまなことを考えます。
たとえば、キャンプでは夜に星がきれいに見えるので、空を眺めながら宇宙について考えるきっかけになります。
また、落ちている小石や葉っぱを使い、どうしたら楽しく遊べるか試行錯誤することもあるでしょう。
キャンプでは子供の想像力や発想力が鍛えられ、物事について考える力が養われます。

生きる力

キャンプに参加すると自然を体感できて、五感が刺激されます。
そのため、子供の感性が高まり、物事に対する好奇心やチャレンジ精神も強くなります。
自然の中では、危険を肌で感じる場面もあるため、問題解決能力も自然と身につくでしょう。
キャンプでは、生きていくために必要な力を総合的に高められます。

生命や自然を大切にする気持ち

自然と直に触れあうことで、自然の美しさや尊さを実感し、自然を大切にしたいという気持ちが芽生えるでしょう。
また、キャンプでは、昆虫採集や魚釣りなどの体験もできます。
自然界でたくましく生きている生物の姿を目にすることで、生命の大切さを実感できます。

キャンプでの子供の遊びで気をつけることは?

ここでは、キャンプでの子供の遊びで気をつけるべきことを説明します。

周りの人に配慮する

キャンプ場が広くても、周りに他人がいることを忘れてはいけません。
子供が遊ぶときは、はしゃぎ過ぎて他人の区画に入らないように親も気をつけましょう。
特に、走り回る遊びやボール遊びをするときは、周りをよく見て行動させる必要があります。
また、早朝や夜間は、騒がず静かに過ごすことも重要です。
自然の中で思い切り遊ばせるだけではなく、他人への配慮も意識させましょう。

自然に対して油断しない

山でキャンプをするときは、天候の急な変化に細心の注意が必要です。
特に川遊びや川岸でのキャンプは、増水や鉄砲水に気をつけなければいけません。
自然の中には危険も多いため、油断せず安全を意識して行動することが大切です。遊びに夢中になり、危ない目にあわないためには、子供自身が常に注意して行動する必要があります。

危険な生物には近づかない

自然の中には危険な生物も存在します。
たとえば、毒ヘビ、ハチ、毒性のある植物などは、キャンプ場のすぐ近くに生息している可能性もあるため、気をつけてください。
他にも野生動物と遭遇してケガをするケースもあります。
危険な生物には近づかないように指導し、キャンプでの遊びにおける子供の安全を守りましょう。

子供が喜ぶキャンプでの遊び

ここからは、自然の中で子供が楽しめる遊びについて紹介します。

自然をじっくり観察

キャンプは、自然をじっくり観察する絶好の機会です。普段の生活では見る機会が少ない、さまざまなものを観察できます。

天体観測

自然豊かなキャンプ場は空気が澄んでおり、周りには灯りも少ないため、たくさんの星が見えます。
星座や流れ星なども楽しめるでしょう。
望遠鏡があると、よりじっくり観察できますが、裸眼でもじゅうぶんに星空を堪能できます。

バードウォッチング

キャンプ場やその周りには、普段は見ることが少ない、さまざまな鳥が生息しています。
キャンプに双眼鏡や図鑑を持参して、バードウォッチングをすることもできます。
鳥の姿を見て楽しむだけでなく、鳴き声の違いも聞きわけてみましょう。

昆虫採集

自然の中には、昆虫が数多く存在します。
蜜やバナナなどの罠を仕掛けると、カブトムシやクワガタを捕まえることができるかもしれません。
ただし、昆虫採集では、毒ヘビやハチなどに遭遇するおそれもあるので、長そで長ズボンを着用しましょう。

自然と触れあう

キャンプは普段の生活とは異なり、雄大な自然の中で過ごします。そのため、自然と思いきり触れあう遊びも可能です。

川遊び

川遊びには、泳いだり魚を釣ったりとさまざまな方法があります。川に生息する生物の観察も楽しめます。
ズボンの裾をまくって、足を川につけたり歩いたりするだけでも、水の流れや冷たさを感じられるでしょう。

木のぼり

自然の中にはたくさんの木があり、木のぼりも楽しめます。
普段の生活では、なかなかできない遊びなので、子供にとっても特別な経験となるでしょう。
自分で試行錯誤しながら登っていく楽しさを味わえます。

ウォーターアクティビティ

キャンプではウォーターアクティビティも楽しめます。普段は体験できない本格的な遊びといえるでしょう。

カヤック、カヌー

カヤックやカヌーは、水辺に船を浮かべて、パドルで漕ぎながら進むアクティビティです。
川だけではなく、海や湖でもできます。
特に湖は、水の流れや波がないため、初心者でも安心してゆったりと楽しめます。

ラフティング

ラフティングは、6~10人乗りのゴムボートで川を下るアクティビティです。
パドルで漕ぎながら、皆で力をあわせて進みます。
激流を下るコースもありますが、緩やかなコースなら、初心者や子供でも無理なく安全にラフティングを楽しめます。

キャンプの定番

キャンプでできる遊びの中には、定番として親しまれているものもあります。キャンプならではの雰囲気を味わえます。

キャンプファイヤー

キャンプファイヤーは、もともと火の神をまつる儀式として行なわれていたものです。
現代のキャンプでは、友情や親睦を深めるために行なわれています。火を囲みながら、ゲームやレクリエーションをすることも多くあります。

花火

キャンプ場では花火も楽しめます。ほかの灯りが少ないので、いつも以上にきれいに見えるでしょう。
普段は花火ができない環境で過ごしている場合、子供にとって特別な楽しみとなります。

広いスペースを楽しむ

雄大な自然の中では、広いスペースを生かした遊びも可能です。
動き回るスポーツも、キャンプでは思いきり楽しめます。

フリスビー

フリスビーは円盤状の道具を投げる遊びで、フライングディスクともよばれています。
広いスペースがあれば、誰でも気軽に楽しめます。
ある程度の人数がいるなら、グループを組んでフリスビーをボールのように投げ合う、ドッチビーも可能です。

バドミントン

バドミントンは、ラケットとシャトルさえあれば、誰でも楽しめます。
風でシャトルが予想外の方向へ飛んでいくこともあるため、周りに人がいない場所で行う必要があります。
ネットを張ると、より本格的な勝負ができるため、さらに盛り上がるでしょう。

大なわとび

長い縄があると、大人数で大なわとびもできます。
縄の片側を大きな木に結ぶことで、回す人が1人でも対応できます。小学生は学校で大なわとびに取り組んでいる場合もあり、スムーズに遊べるでしょう。

小さな子供も楽しめる

キャンプ場で小さな子供が楽しめる遊びもあります。無理なく安全に遊べるものを選びましょう。

シャボン玉

洗剤や水を使って、キャンプ場でシャボン玉を作れます。シャボン玉は眺めるだけでなく、追いかけて楽しむこともできます。あらかじめバブルガンを用意しておくと、より楽しめるでしょう。また、ストローや紙コップでシャボン玉の道具を手作りすることで、子供の創意工夫の力を伸ばせます。

「だるまさんが転んだ」

動いたり止まったりを繰り返す「だるまさんが転んだ」は、どの年齢の子供も、一緒に楽しめる遊びです。いつもと異なる大自然の中で行えば、新鮮な気持ちになるはずです。ローカルルールを取り入れると、遊びのバリエーションはさらに広がります。

雨の日に楽しむ遊び

キャンプ場で雨が降ってしまっても、楽しめる遊びはたくさんあります。天候が悪化したときに備えて、把握しておきましょう。

カードゲーム

カードゲームは、トランプやUNO、人狼など種類が豊富です。
特にトランプは神経衰弱やババ抜きのように簡単なゲームから、大富豪やポーカーといった複雑なゲームまで行えるため、幅広い年齢の子供が楽しめるでしょう。
カードはかさばらないので、外で遊べない場合に備えて、キャンプ道具に入れておくと重宝します。

ボードゲーム

ボードゲームがあると、雨の日でもテントの中で盛り上がれます。
さまざまな種類があるので、年齢や人数にあわせて用意しましょう。
たとえば、小さい子供がいるときは、ルールがシンプルで理解しやすいオセロを選ぶといいでしょう。
また、人数が多いなら、人生ゲームもおすすめです。

遊びと学びが盛りだくさんのサマーキャンプ

サマーキャンプとは、夏休みに子供が親元を離れて参加するキャンプです。
大自然の中で楽しく遊びながら、さまざまな学びを得られます。
プログラムによって、特色ある企画が組まれているのも、人気の理由のひとつです。

自立心が育つ

サマーキャンプに参加すると、普段は親がやっていることも、すべて子供が自分自身で行います。
たとえば、自分の持ちものを自分で管理したり、次に必要なことを考えて行動したりする必要があります。
そのような経験は、子供の自立心の育成につながります。

コミュニケーション能力が高まる

サマーキャンプでは、初対面の子供が集まって一緒に過ごします。
さまざまな学年の子供が参加するので、普段とは異なる交流が生まれます。
普段は触れあう機会のない新しい友人とコミュニケーションをとることで、子供の社会性を高められるでしょう。

まとめ

キャンプでは、普段は体験できない、さまざまな遊びを実践できます。大自然の中で、のびのび遊ぶことは、子供の成長にも大きな効果をもたらすでしょう。

BSCウォータースポーツセンターでは、数少ないカヤックやヨットなどのウォータースポーツをメインにした、小学生向けのキャンプを行っています。国際交流も取り入れているため、特別な経験もできます。キャンプでの遊びを通して、子供の成長を後押ししましょう。

現在募集中のプログラム