【大人気】関西のキャンプ場ランキング6選|予約必須の関西おすすめキャンプ場を厳選

こんにちは。滋賀琵琶湖の自然体験施設BSCウォータースポーツセンターの子供キャンプディレクターのたつやです。

関西には人気のキャンプ場が多く集まっています
近年のキャンプブームに加え、アクティビティや温泉まで同時に楽しめるキャンプ場が大人気です。
ちなみに、関西だけでもキャンプ場は150箇所近くあると言われています。

今回は、その中でも人気でおすすめのキャンプ場を厳選しました。
ランキングで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

関西で人気のキャンプ場の特徴

関西で人気のキャンプ場には共通点があります。

自然豊かなフリーサイト

関西には仕切りがない「フリーサイト」を設けているキャンプ場が人気です。
フリーサイトとは、場所の仕切りがないキャンプ場のことを言います。
反対に、ロープや植え込みで仕切られている場合は「区画サイト」です。

そして、フリーサイトには様々なメリットがあります。

フリーサイトのメリット
  • 好きな分だけスペースを活用できる
  • 大人数のキャンプにも適応
  • 料金が区画サイトに比べて安い

このように、フリーサイトは自由度が高くて人気です。

他にも「オートサイト」と呼ばれるテントサイトも人気で、車をテントの設営場所に駐車することができます。
車を横付けできれば、荷物の持ち運びも楽です。

そのため、関西には自由度が高いフリーサイトに加え、車を横付けできるオートサイト場も充実しています。
ただし、フリーサイトは人気なので早めの時間から場所取りをしましょう

高規格キャンプ場

関西の中で人気のキャンプ場のほとんどが「高規格キャンプ場」です。
高規格キャンプ場とは、「設備が充実」「場内が綺麗」などの高い基準を満たしたキャンプ場のことを指します。

  • コテージやバンガローがある
  • 芝生が整備されている
  • AC電源付きサイトがある
  • 水洗トイレが綺麗
  • レンタル品の充実
  • お風呂場やシャワーがある
  • 管理棟がありスタッフが対応してくれる

など、キャンプ初心者でも安心できる設備が充実しています。
特に、芝生が整備されているところならテントも立てやすいのが魅力です。

また、レンタル品を貸してくれたり、何か困った時には管理棟のスタッフさんが対応してくれて安心です。
中には温泉施設を完備しているキャンプ場まであります。
高規格キャンプ場なら、小さい子供を連れてのファミリーキャンプにもおすすめです。

関西のおすすめキャンプ場ランキング6選

関西の中でも、近年大人気のキャンプ場をランキング6箇所で紹介します。

1位 ビラデスト今津(滋賀)

 

おすすめ度 ★★★★★
住所 滋賀県高島市今津町深清水2405-1
アクセス ・名神高速道路:京都東ICより約90分
・北陸自動車道:木之本ICより約50分
料金 ・オートサイト:4,300円〜
・ファミリーコテージ:1棟19,000円〜
特徴 ・琵琶湖を望む絶景
・200名収容可能なBBQサイト
・スポーツ施設が充実

ビラデスト今津は、琵琶湖が一望できる”山の上のキャンプ場”です。
琵琶湖八景の一つである「暁霧(ぎょうむ)・海津大崎の岩礁」も望むことができます。
周辺にはテニスコートやグランドゴルフ場を完備しています。
スポーツ施設が充実しているのも特徴の一つです。

そして、ビラデスト今津の特徴は宿泊の選択肢が多いところです。
80名まで泊まれる合宿棟から、ファミリー向けのコテージも選べます。
野外キャンプはオートジャンプ場で、車が2台まで駐車可能です。
近くには木の上で寝られるハンモックサイトまであります。

このように、ビラデスト今津は大人数からファミリーまで利用可能なキャンプ場です。
施設も充実しているため、様々な用途に使えるでしょう。

ビラデスト今津のHPはこちら

【保存版】滋賀県のおすすめキャンプ場8選!琵琶湖周辺の人気キャンプ場

2位 関西サイクルスポーツセンターキャンプ場(大阪)

おすすめ度 ★★★★☆
住所 大阪府河内長野市天野町1304
アクセス 阪和道「岸和田和泉」ICより約20分
料金 ・6名用バンガロー:1泊16,000円〜
・デイキャンプ:1日1,500円〜
特徴 ・都市部から電車でも行ける
・サイクリングが楽しめる
・夏限定の巨大プールエリア

関西サイクルスポーツセンターにあるキャンプ場は、アクセスの良さが最大の魅力です。
電車とバスで行く場合は、なんばから約40〜50分ほどで着きます

ちなみに、ここのキャンプ場での宿泊はコテージ一択です。
キャンプ場にテントサイトはないため注意してください。

また、施設内では珍しい自転車をレンタルできます。
さらに夏にはプールエリアも登場するため、子供たちに大人気です。
関西サイクルスポーツセンターは、子供の夏休みのキャンプにおすすめです。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のHPはこちら

3位 きなりの郷 下北山スポーツ公園キャンプ場(奈良)

 

おすすめ度 ★★★★☆
住所 奈良県吉野郡下北山村上池原1026
アクセス 紀勢自動車道「尾鷲北IC」より約1時間30分
料金 ・オートロッジ:11,000円〜
・フリーサイト:大人570円〜
特徴 ・池原ダムの真下で自然豊か
・バリアフリーのコテージあり
・温泉やレストランもある

きなりの郷は温泉に歩いて行けるキャンプ場です。
宿泊施設の設備も整っており、愛犬と泊まれるバンガローやバリアフリーのコテージもあります。
小さな子供やお年寄りを連れてのキャンプでも安心です。

また、テントを張る場合は区画サイトかフリーサイトかを選べます。
どちらを選んでも車の横付けが可能です。
さらには寝具類や調理器具もレンタルもできます。

施設の充実さや車をテントサイトに駐車できることから、初心者にもおすすめのキャンプ場です。

きなりの郷 下北山スポーツ公園キャンプ場のHPはこちら

4位 若杉高原おおやキャンプ場(兵庫)

 

おすすめ度 ★★★★☆
住所 兵庫県養父市大屋町若杉99-2
アクセス ・中国自動車道「山崎インター」より約1時間
・北近畿豊岡自動車道「養父インター』」より約40分
料金 ・入山料:1人500円
・テントサイト:2,000円〜
特徴 ・全国一の星空が見れる
・アクティビティが充実
・冬はゲレンデに直行可能

若杉高原はとにかく星が綺麗なキャンプ場です。
過去には「星が最も輝いて見える場所」の第一位に認定されています。
夜には夜行リフトに乗って「星空ハイキング」を楽しむイベントも開催中です。

また、アクティビティも充実しています。
ウォータージャンプやトランポリンなど、子供かが楽しめる施設があるのも魅力です。
さらに、冬には直結しているスキー場でウィンタースポーツも楽しめます。

ちなみに、テントサイトは2,000円〜と格安です。
「星空デッキサイト」「絶景区画サイト」など、景色によってテントサイトが選べるのも魅力です。
泊まれる施設としては、他にもトレーラーハウスまであります

そのため、日中はアクティビティを楽しんだり、夜は絶景を一望したりと飽きずに楽しめるでしょう。

若杉高原おおやキャンプ場のHPはこちら

5位 休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場(淡路島)

 

おすすめ度 ★★★☆☆
住所 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南IC下車 うずしおライン約10分
料金 オートサイト:4,200円〜
特徴 ・キャンプ場前で魚釣り
・天体観測ができる
・芝の上でテントが立てやすい

淡路島にある休暇村では魚釣りが楽しめます
釣りを楽しみたい人に人気のキャンプ場で、キャンプ場の目の前にある防波堤から海釣りできます。

また、夜になると天体観測ができます。
大型望遠鏡で星や星座が観測できるため、夏休みの自由研究にもおすすめです。

さらにオートサイト場は天然芝が手入れされています。
整備されたキャンプ場はテントのペグ打ちがしやすいため、キャンプが初めての人でも安心です。

休暇村南淡路シーサードオートキャンプ場は、魚釣りとキャンプを同時に楽しみたい人にぴったりでしょう。

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場のHPはこちら

6位 ACN南紀串本リゾート大島(和歌山)

 

おすすめ度 ★★★☆☆
住所 和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035-6
アクセス JR紀勢本線串本駅から車で15分ほど
料金 区画サイト:1人1,800円〜
特徴 ・マリンスポーツが楽しめる
・手ぶらバーベキューが可能
・グランピング施設も新設

マリンスポーツを楽しみたいなら、和歌山のリゾート大島がおすすめです。
SUP体験やシーカヤックなど、アクティビティが充実しています。
海での色んな体験ができるのは関西でもここだけです。

また、テントサイトの種類も豊富です。
展望区画サイトや1〜2人向けのソロ・デュオサイトまであります。
テントサイトの近くにはドッグランもあるため、ペットを連れてのキャンプにも最適です。

さらには露天風呂やレストランもあります
マリンスポーツの後にもゆっくりくつろげるでしょう。
そのためリゾート大島は、キャンプだけでなく旅行気分を味わいたい人におすすめです。

ACN南紀串本リゾート大島のHPはこちら

関西のキャンプ場でよくある質問

無料で川でキャンプって大丈夫?

結論から言うと、無料で川でキャンプしても大丈夫です。

理由は「河川敷のキャンプ利用は許可を受けず行って良い」という内容が河川法で認められているからです。

ただし、自治体によっては火気の使用を禁止しているところもあります。
キャンプをする前にあらかじめ自治体へ確認しておきましょう。

また、川の近くでは地面が整備されておらず、テントを建てにくいという側面があります。
そのため、難易度が高く上級者にしか向いていません

もし初心者がキャンプをする場合は、管理棟やトイレがある高規格キャンプ場を利用しましょう。

予約が取れない繁忙期はいつ?

基本的に関西にあるキャンプ場では下記の時期が繁忙期です。

キャンプ場の繁忙期
  • 夏休み
  • GW
  • お盆
  • シルバーウィーク
  • 9〜10月の土日
  • その他の連休期間

また、海の近くなら夏が繁忙期となります。
反対に、スキー場が隣接されていれば冬が繁忙期です。

ちなみに、夏休みやGWなどの一番混む時期は、ピーク時限定料金となる場合があります。
テントサイトやコテージが値上がりするため、時期によって料金を確認しましょう

まとめ

関西には魅力溢れるキャンプ場がたくさんあります
特に、アクティビティや宿泊施設が充実しているキャンプ場が人気です。

今回紹介した関西にあるキャンプ場は、リゾート施設のような高規格キャンプ場ばかりとなっていて、初心者やファミリーでの利用におすすめです。

ぜひキャンプ場選びの参考にしてみてください。