【2020年】行ってよかったおすすめ子供体験ツアー5選|子供体験ツアーで貴重な教育体験

子供体験ツアーとは、子供のために企画された泊まりでのキャンプ・自然体験・社会見学などの教育体験ができるプランです。
さまざまな旅行会社や子供体験ツアー専門の会社が企画・運営をしています。

今回は2020年最新のツアー情報を元に、行ってよかったと評判の子供体験ツアーを厳選しました。

ぜひ、夏休みや冬休みに泊まりで参加してみませんか?「子供に貴重な体験をさせたい」と思っている親御さんは参考にしてみてください。

子供体験ツアーで得る貴重な教育体験

子供体験ツアーには、子供たちで考え・自主性を育むことが期待できるツアーが豊富に用意されています。学校とは違う友達と協力しながら、さまざまな体験をこなしていくのが特徴です。

例えば、他の友達と協力しながら薪割りをして自炊をしたり、アウトドアスポーツを楽しむことができます。
時には畑仕事を手伝ったり、古民家に泊まってみるプランまであります。

また、子供体験ツアーで自然を体感することによって、子供の五感も刺激されます。
そして、基本的に数人のチームで行動するため、協調性も意識しなくてはいけません。

小学生にとって、初めてお家を離れてのお泊まりは冒険そのものです。いつも一緒にいる友達じゃない、初めて出会う子供たちと遊ぶのも冒険。

引用:BSCウォータースポーツセンター

中には一人で子供体験ツアーに参加する子供も多くいます。さらに、引率してくれる大人や年上・年下の子供たちと触れ合えるのも貴重な体験です。

子供体験ツアーでしか得られない思い出作りにもなるでしょう。

自然体験プログラムとは?メリットや子供の夏休みにもおすすめの理由を解説

子供体験ツアーの種類について

子供のために開催されている「体験ツアー」は大きく分けて2つのタイプがあります。

団体旅行ツアータイプ

団体旅行ツアータイプは、ツアーの主催団体が、子供向けの体験を提供している施設(自然学校、キッザニアなど)を探して、そこに子供たちを連れていくツアーです。
主催が、旅行会社などの場合がほとんどで、自然体験を提供している団体でないことが多いです。
大人向けの団体バスツアーなどと同じように、主催団体が運営している体験、宿泊施設ではなく、他の企業や団体が運営している施設を利用しています。

アウトドア体験のツアーの場合、各地の自然の家や、自然体験施設、キャンプ場に行き、その施設のスタッフが子供たちに何かを教える形が多いです。
集合場所からの引率スタッフも、子供たちと一緒に現地のサービスを受ける側というイメージです。

そのため、ツアーの主催企業だけでなく、ツアーで訪れる体験施設やそのスタッフを別途調べた上で、子供を参加させるかどうか決めましょう。

ポイント

・同じ主催団体のツアーでも、多様な体験が用意されている
・日本全国が行き先なので、旅行気分が味わえる
・ツアーの行き先が一般の体験施設の場合、他の団体客や、個人の旅行者もいる場合がある

・集合から解散までの、交通料金も参加費用(旅行代金)に含まれているため、料金がわかりやすい
・比較的料金設定が高め

体験施設主催のイベントタイプ

施設主催イベントタイプは、文字通り、自然体験のサービスを提供している団体が主催し、その団体の体験施設で行うツアーです。
ツアーというよりは、自然体験施設のイベントであり、夏休みに全国で開催されているサマーキャンプやサマースクールはこちらのタイプが多いです。

昼間の体験をする施設と宿泊施設の両方を保有している団体もあれば、体験施設のみ保有していて、宿泊は近くの旅館、民宿、ホテルを利用しているものもあります。

ポイント

・主催団体が同じ場合、毎回同じ施設で体験、宿泊することがほとんどのため2回目以降は子供も安心できる
・現地スタッフも、多くの場合同じメンバーのため安心感がある
・キャンプに参加した子供たちで施設を貸切の場合が多い(他の個人客や団体客との接触がなく安心できる)

・主催団体ごとに専門性があったり、特徴がわかりやすい
・主催団体の自社施設を使用するため、「団体旅行ツアータイプ」と比較して料金設定が低め

行ってよかったとおもう子供体験ツアーの選び方

子供体験ツアーには様々なプランが用意されています。

  • 自然体験ツアー
  • キャンプ体験
  • 工場見学
  • 職業体験
  • 日帰りツアー
  • 親子ツアー

子供の自主性を育てたい・貴重な体験をさせたいなら、自然体験や泊まりでのキャンプが一番おすすめです。
子供体験ツアーでは、平均で6~8人に1人は大人のスタッフさんが引率してくれます。

ちなみに、子供だけでの参加を条件とし、泊まりで実施しているツアー会社がほとんどです。
中には日帰りツアーもありますが、基本的には夏休みなどの長期休暇に合わせて2泊以上のツアーが組まれています。

もし子供がホームシックになっても、様々な対策を取ってくれるので安心です。

女性リーダーが添い寝するとか、みんなでお話会をして気を紛らわせるとかして対応します。多くは朝になるとケロッとホームシックが治ってしまうからです。電話もかけ合わないようにしています。場合によってはスタッフの部屋に寝る場所を移して、打ち合せの会話を子守歌がわりに眠りにつくといったケースもあります。

引用:トムソーヤクラブ

また、国際交流ができる子供体験ツアーを選ぶのもおすすめです。
キャンプや自然体験をする中で、海外の友達とのふれあいができるのも子供体験ツアーの魅力と言えます。

さらには自然の中での体験だけでなく、工場見学や職業体験などの都会で行うツアーもおすすめです。
日帰りツアーや親子で参加できるツアーが用意されているので、初めての子供でも気軽に参加しやすいでしょう。

2020年版の子供体験ツアーおすすめ5選

滋賀琵琶湖の自然体験学習施設BSCウォータースポーツセンター

おすすめ度 ★★★★★
所在地 滋賀県大津市南船路4-1
プラン一覧 ・「世界をつなぐ国際子供サマーキャンプ」
・「世界をつなぐウインターキャンプ」
・ウィンドサーフィン
・SUP
・フィッシング
・アウトドアクッキング
・スキー、スノーボード教室
その他多数
特徴 30年以上の実績で安心!国際交流も体験でき、季節に合わせてスポーツ・自然体験などのイベントも加わります。
中学生以上で参加する場合は、小学生時代にBSCのキャンプに参加していなければなりません。

BSCウォータースポーツセンターは、琵琶湖・蓬莱(ほうらい)浜にある自然学習施設です。
ヨット・SUP・カヤック・ウインドサーフィン・湖への飛び込みなどが体験できます。

また30年以上に渡って子供キャンプの体験を行ってきた実績があり、述べ1万人以上の子供たちが参加してきました。

そして、BSCの魅力はウォータースポーツだけではありません。
季節に合わせて様々な子供体験ツアーが用意されています。

例えば、夏にはキャンプファイヤーやBBQ、秋には天体観測をしたりアウトドアクッキングも楽しめます。
さらに冬にはスキーやスノーボードスクールも開かれます。

ちなみに、人気のサマーキャンプでは1泊〜2週間の5コースが用意されています。
初めての子供はまず1泊から体験し、慣れてくれば長期での滞在もいい経験になるでしょう。

そして何より、他の子供体験ツアーとの違いは、国際交流にも力を入れているところです。

当たり前のようにグローバル化が進んでいる社会で、子供のころに海外の多様な文化に触れることは、大人になるために大切なこととなりました。BSCの小学生キャンプは、琵琶湖で一緒に遊びながら、自然と国際感覚を醸成する貴重な経験になるはずです。

引用:BSCウォータースポーツセンター

例えば海外大学からの留学生がスタッフだったり、海外の子供たちがキャンプに参加することもあります。
琵琶湖で思いっきり遊びながら、国際交流も体験することが可能です。

BSCは歴史が長く実績も豊富なため、初めての子供体験ツアーでも安心して参加できます。

BSCがなぜ国際交流にこだわるのか?【校長について①】

ネイチャーキッズ

おすすめ度 ★★★★☆
所在地 東京都江東区⻲⼾6丁目54番5号小川ビル2階
プラン一覧 ・自然体験
・生活・文化体験
・社会体験
特徴 2泊以上のツアーが多く、田舎体験やキャンプなど自然と文化に触れることができます。

ネイチャーキッズは関西教育旅行株式会社が主催しています。
主に山や川、海の中での自然体験ができるツアーです。
例えばキャンプや田舎の古民家に泊まったりと、普段は触れることができない自然での暮らしを体験できます。

他にも薪割りや火起こしをしたり、馬のお世話や乗馬体験までできます。
ちなみに2泊以上のプランがほとんどで、最長では5泊以上することもあります。

都会ではできない自然の暮らしができる子供体験ツアーです。

小学生の夏休みの過ごし方10選|充実した夏休みで子供を成長させるためのアイデア満載

西武グループこども応援プロジェクト

おすすめ度 ★★★☆☆
所在地 東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
プラン一覧 ・わんぱくキッズ(体を使った体験)
・ネイチャーキッズ(自然体験)
・手作りキッズ
・親子で参加
・職業体験
特徴 親子で参加できるツアーもあり、日帰りでも楽しめます。職業体験まであるツアーは珍しいです。

西武グループが企画運営する子供体験ツアーは、親子でも参加可能なプランが豊富です。
他のツアーにはないような職業体験もできます。

一番の特徴は、プランによって日帰りでも気軽に参加できることです。

中には親子で参加できるプランもあります。いきなり子供だけの参加が不安な方は、親子で参加できる日帰りツアーから参加してみるといいでしょう。

さらに西武鉄道が運営する西武園ゆうえんちや、豊島園に行くツアーも人気となっています。
他にも夏休みの自由研究ができるプランや、アートワークショップなども人気で小学生におすすめです。

トムソーヤクラブ

おすすめ度 ★★★☆☆
所在地 東京都中央区日本橋1-19-1 日本橋ダイヤビルディング11階
プラン一覧 ・「川遊びキャンプ」
・「星空キャンプ」
・「昆虫キャンプ」
・「イングリッシュキャンプ」
・「海人(うみんちゅ)キャンプ」
・「スキーキャンプ」
特徴 小・中学生を中心に季節に合わせた自然体験ツアーが楽しめる。

トムソーヤクラブは1987年に創業された、小・中学生の会員組織です。
子供体験ツアーを専門に、日本旅行が企画・運営を行っています。

トムソーヤクラブのプラン内容はキャンプを中心としていて、自然の中で様々なことを学べます。

また、キャンプを行う場所は白州や苫小牧など、大自然を思いっきり満喫することができます。
普段はなかなか行けない場所での自然体験が可能です。

また、ツアー体験後は「トムソーヤクラブ会員」に自動的に入会します。
その後は継続的に会員割引を受けることができるため、次回からはお得に参加できるのも嬉しい特典です。

2020年は、新型コロナの対策のため、小規模のキャンプ企画を実施中のようです。

そらまめキッズ

おすすめ度 ★★★☆☆
所在地 (本社)埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-20 日建高砂ビル3F
プラン一覧 ・工場見学・社会見学
・自然体験
・キャンプ・野外体験
・スキー
・職業体験
・自由研究
特徴 幼児から中学生まで参加可能なツアーもあり、年間400種類以上もの子供体験ツアーがある。

そらまめキッズは幼児~中学生までの幅広い年代を対象とした子供体験ツアーを実施しています。

そらまめキッズでは、年中・年長での参加OKのツアーもあるのが特徴です。
7名前後に1名の引率スタッフがいるため、小さいお子さんの参加でも安心できます。

また年間400ツアー以上も企画されており、ツアーの種類が多いのも魅力です。
子供体験ツアーの内容はキャンプなどの自然体験だけでなく、工場見学や自由研究まで楽しめます。

さらにはシュノーケリングや野生動物を探しに行くツアーなど、子供のツアーでは珍しい内容も豊富です。
他にはないさまざまなプラン内容をチェックしてみるといいでしょう。

子供に職業体験はメリットばかり?キッザニア以外にもたくさんある子供用の職業体験を紹介

まとめ

子供体験ツアーは、プランを組んでいる会社によって様々な特徴があります。

子供に貴重な体験をさせたいなら、BSCウォータースポーツセンターで新しい体験をしてみませんか?
普段はなかなか乗ることができないカヤック、セーリングなどが体験できます。

また、国際交流や季節に合わせた様々なプログラムが用意されているのも魅力です。
ちなみに低学年でも安心して
参加できる1泊の週末キャンプもあります。

ぜひ、子供体験ツアーで貴重な教育体験をさせてみましょう。