サマースクールとは?サマースクールの費用や幼児・小学生へ教育効果を解説

子供の長い夏休みは、時間を無駄に費やし生活リズムを崩すのではなく、サマースクールに参加するのがおすすめです。
日本におけるサマースクールは、キャンプ形式による野外活動を中心としています。

海外のサマースクールに参加させたい方もいると思います。
この記事では、日本国内のサマースクールについて解説しています。

滋賀県琵琶湖のBSCウォータースポーツセンターは夏休みのみならず、一年を通して子供キャンプを開催しています。
プログラムは子供の成長過程において重要とされる、自然体験活動が中心です。
 

ここではサマースクールに関する教育効果や参加するメリット、かかる費用についても紹介します。

サマースクールとは?夏休みの貴重な体験

サマースクールとは、長期の夏休みを利用して参加できる、語学学校や大学などが開講するプログラムのことを指します。
主にアメリカ・イギリス・ヨーロッパなどの海外を中心に、世界中で流行しています。
 

実際には呼び方はさまざまで「サマースクール」「サマーキャンプ」「サマープログラム」などの名前で呼ばれています。
日本で取り入れられている多くは実態として「サマーキャンプ」に該当します。

サマースクールの特徴
スタイル ・通学
・宿泊
活動内容 【アカデミック】
算数・理科・歴史などの勉強に特化【レクリエーション】
キャンプやハイキングなど野外活動が中心

 サマースクールでの活動内容は大きくわけて「アカデミック」と「レクリエーション」です。
アカデミック型では、主に算数・理科・歴史などの勉強や、読書・作文などを行います。
 

キャンプなど野外活動が中心のレクリエーション型では、探求心や好奇心など、子供が持つ五感を最大限に刺激する体験ができます。
したがって現在国が推奨する「
生きる力」を育むことにも有効です。 

※参考:文部科学省「新しい学習指導要領
※参考:文部科学省「子供たちの未来を育む豊かな体験活動の充実

アカデミック

アカデミックプログラムを取り入れたサマースクールでは、勉強を中心に過ごします。
内容は算数・理科・歴史・読書や作文などです。
最近は理科の実験や観察に特化したサイエンスコースも注目を集めています。
 

【事例付き】STEAM教育とは?STEAM教育の注目の理由と教育の現場の変化を解説

レクリエーション

 レクリエーションプログラムを取り入れたサマースクールでは、野外活動が中心です。
内容はアウトドアキャンプやスポーツ、水泳やダンスなど多岐にわたります。
 

アウトドアキャンプを含む野外活動には、下記の成果があると考えられており、レクリエーション型のサマースクールは子供の成長を考える上で大変おすすめです。 

野外活動の効果
  • 感性や知的好奇心を育む
  • 自然の理解を深める
  • 創造性や向上心を育てる
  • 生き抜くための力を育てる
  • 自主性・社会性・協調性を育てる
  • 直接体験から学ぶ
  • 余暇活動の楽しみ方を学ぶ
  • 健康体力の維持増進
参考:学術記事「野外活動の必要性とその影響
参考:文部科学省「体験活動の教育的意義

【大学教授に聞いてみたVol.01】自然体験は子供にとってどういう効果があるの?

サマースクールの教育メリット

サマースクールは原則集団生活です。
特に宿泊を伴うサマースクールでは、お金では買えない価値がたくさん得られます。
友達と寝食を共にすることで、深い友達関係を築くことができるでしょう。

 ここでは幼児・小学生・中学生に分けて、サマースクール教育のメリットをお伝えしていきます。

幼児

  • 自立心を育む
  • 英語に触れる

幼児向けサマースクールの教育メリットは、まず「自立心を育む」ことです。
家族と離れ、片付けや掃除など身の回りのことは自分で行う必要があります。
同時に「ルールに従う」ことも学ぶでしょう

また、幼児向けサマースクールの多くが英語教育を取り入れています。
幼児期は言語習得能力が高いため、ネイティブな発音を身に着けるなど英語学習の面でも多くのメリットがあります。
 

小学生

  • 協調性を養える
  • 目標達成意欲の向上
  • 自尊感情・道徳心を育む

小学生は親の手を離れ身の回りのことが自分でできるようになるため、宿泊を伴うサマースクールへの参加が可能になります。それによって上記3つの教育効果を得られるとともに、家族と離れ他人と時間を共有することで、自立心やコミュニケーション能力の向上にも期待ができます。

中学生

中学生がサマースクールに参加する最大のメリットは「責任感を養う訓練」ができることです。
中学生にはより強く自立心を高め、自発して行動する力が必要となります。

中学生には受験という重大イベントが待ち構えています。
先々の進路を自分で考え自分で選択し、選択した進路に進むための努力をすることが必要です。
サマースクールはその訓練の場となります。
 

サマースクールの費用相場

気になるサマースクール費用の目安・相場は下記の通りです。

スタイル 費用相場
通学 ・5,000円/1日
・30,000円~50,000円/5日
宿泊 10,000円~20,000円/1泊

 

日本国内でサマースクール開催している施設

日本のサマースクール・サマーキャンプ施設を紹介します。

BSCウォータースポーツセンター(滋賀)

世界をつなぐ国際子供サマーキャンプ
おすすめ度 ★★★★★
住所 滋賀県大津市南船路4-1
対象 小学生
費用 23,000円~(2020年時点)
活動内容 レクリエーション
特徴 ・通年開催
・1泊2日~参加可能
・ウォータースポーツが中心
・海外からの留学生、留学経験のある大学生スタッフ

BSCウォータースポーツセンター」は自然に恵まれた滋賀県の琵琶湖で子供キャンプを通年開催しています。
活動内容はカヤックやSUP、ヨット、琵琶湖への飛び込みなど、ウォータースポーツを中心としたレクリエーション型です。

毎年、海外からの留学生や、留学経験のある全国の大学生が、スタッフとして参加しています。
海外から参加する子供もあるため、国際感覚を養う最初のステップとして参加するのはいかがでしょうか。 

またBSCでは夏休みだけでなく、週末を利用した1泊2日の子供キャンプも開催しています。
長期宿泊を伴うサマースクールへの参加が不安な方は、練習のつもりで週末開催のキャンプに参加してみるのもおすすめです。

BSCのキャンプ情報はこちら

【関西発】国際子供サマーキャンプ|小学生の夏休みの定番!-BSCウォータースポーツセンター

関西国際学園(大阪)

関西国際学園サマースクール
おすすめ度 ★★★★☆
住所 大阪/京都/兵庫
対象 幼児~小学生
費用 6,400円/1日~
活動内容 アカデミック+レクリエーション
特徴 ・英語を学べる
・授業で用いる言語は英語のみ
・短時間or長時間コース選択可

インターナショナルスクールを運営している関西国際学園でも、夏休みにサマースクールを開校しています。
幼児期から英語に触れさせたいと考えている方は、関西国際学園のサマースクールへの参加がおすすめです。
関西国際学園のサマースクールでは3歳児から小学生を対象に外部生を受け入れています
 

プログラムはゲームやお絵かきなど室内での遊び、屋外でのかけっこや水遊びなど好奇心をくすぐる内容が満載です。
授業で先生が用いるのは英語のみであり、遊びを取り入れることで楽しく英語を学べます。

関西国際学園の外部生向けプログラムはこちら

イートンハウス東京(軽井沢)

イートンハウス東京 Holiday Programs in Japan
おすすめ度 ★★★☆☆
住所 東京都港区赤坂9-2-16
対象 4歳~12歳
費用 95,000円
活動内容 レクリエーション
特徴 ・宿泊型英語キャンプ
・軽井沢のキャンプ場
・保護者参加型

イートンハウス東京のサマースクールは、自然科学を英語で学ぶ英語キャンプです。
憧れの避暑地である軽井沢で開催され、毎年定員をオーバーするほどの人気があります。

またサマーキャンプの滞在期間は4泊5日で、その間の授業や会話に使われる言語は英語のみです。
サマーキャンプ期間中は送り迎えが必要なため、保護者も軽井沢に滞在する必要があります。
 

イートンハウス東京のキャンプ情報はこちら

まとめ

日本のサマースクール・サマーキャンプについて特徴や得られる教育効果を紹介しました。
サマースクールでの実体験は、成長する過程において大変価値のある経験になること間違いありません。

BSCウォータースポーツセンターは、年間通して子供キャンプを企画・提供している自然体験学習施設です。
また国際交流も積極的に行っており、キャンプを通じて異国文化に触れる機会を得られます。

そしてBSCウォータースポーツセンターの子供キャンプは、ウォータースポーツを取り入れたレクリエーション型のプログラムが中心です。
1泊2日のコースから開催しているため、ぜひ気軽に参加してみてはいかがでしょうか。