赤ちゃんに最適な英語教育方法5選を解説|赤ちゃんの英語教育について徹底解説

将来役立つ英語力を子供に身に付けさせるには、早いうちから英語教育を始めるのが理想です。

とはいえ、赤ちゃんの頃から英語教育をするべきか、悩む方もいるでしょう。

  • いつから英語教育を始めていいの?
  • 赤ちゃんから英語教育をするデメリットは?
  • 子供に効果がある英語教育の方法は?

これらの声にお応えして、今回は赤ちゃんから始める英語教育の詳細をお伝えします。

英語教育の開始は生後6ヶ月~8ヶ月前後がベストです。
子供が英語に触れられる環境を整え、毎日楽しく継続できる学びを取り入れてください。

赤ちゃんに英語の教育は早すぎる?いつからすべき? 

英語教育は生後6ヶ月~8ヶ月の間に開始するのがベストです。

新生児期は聴覚が十分に発達しておらず、音を聞き分けるよりも音に反応する時期です。
そのため、英語を聞かせても単なる「音」として認識する可能性があります。
参考:ヒトの聴覚の発達と発達障害(jst.go.jp)

ワシントン大学の脳科学研究者Patricia Kuhl氏は、音声学習を始めるタイミングは生後6~8ヶ月までがベストという研究結果を発表しました。

「L」「R」の発音を聞き分ける力は生後8~10ヶ月の間に減少を示しているため、生後8ヶ月を迎えるまでに英語に触れさせるのが望ましいと考えられています。

英語学習の開始時期が遅くなればなるほど、ネイティブに近い発音の習得は難しくなるでしょう。
参考:早期言語学習とリテラシー:教育に対する神経科学の意味

赤ちゃんが英語教育を受けるメリット

赤ちゃんのうちから英語教育を受けるメリットは以下の通りです。

  • 英語耳になる
  • 余裕をもって英語の勉強ができる
  • 習慣化しやすい

順番に見ていきましょう。

英語耳になる

英語耳とは、英語の発音やリズムを聞き取れる耳のことです。

「L」「R」のような微妙な発音の違いを聞き分ける力が身に付いていれば、リスニングやスピーキングを習得しやすくなります

日本語と英語は音の周波数が異なります。
そのため、日本語の周波数に慣れてしまうと英語の周波数が聞き取れなくなるといわれています。

発音を自然に聞き分けられる生後8ヶ月頃までに、英語の音声や曲にたくさん触れさせるのが大切です。 

赤ちゃんのうちから、耳を英語に慣れさせるには、ディズニーの英語システムがおすすめです。

余裕をもって英語の勉強ができる

人が1つの言語を覚えるのに必要な時間は2,000時間以上といわれています。

1日1時間のインプットを積み上げる場合、英語教育を0歳から開始すれば6歳前後で2,000時間に到達する計算です

成長するにつれて時間のゆとりは減っていき、小学生になれば他の学習にも時間を割く必要があります。

赤ちゃんの頃から遊び感覚で英語に触れていけば、後々余裕をもって英語学習に臨めます。 

習慣化しやすい

0歳の頃から英語に接していれば、英語の音声や動画に触れることがごく自然の生活となり、無理なく継続できます。

英語学習は日々の積み上げが効果的なので、短時間でも良いので毎日続けるのが理想です。

日常的に英語に触れているため、学校での英語教育が始まってもスムーズに取り組めます。

受験・就活対策に必要な英語学習に対して、苦手意識を持ちにくいのもメリットです。 

赤ちゃんが英語教育を受けるデメリット

赤ちゃんからの英語教育で心配されるのは「日本語教育への影響」です。
英語学習ばかりにこだわってしまうと、日本語の学びがおろそかになる可能性があります。

「日常会話は日本語で行う」「日本語の学びも並行して取り組む」など、英語漬けの生活にならないように注意しましょう

赤ちゃんに英語教育を無理強いしてしまうと、かえって英語嫌いになるおそれがあります。
赤ちゃんの機嫌に合わせつつ、楽しく英語に触れられる学習方法を選んでください。

また、赤ちゃんの頃から英語教育を行ったとしても、使う機会がなければ英語を忘れてしまいます。
できるだけ日常的に英語に触れられるよう、英語の歌や教材・英会話などを継続的に取り入れましょう。
 

赤ちゃんに最適な英語教育法5選

近年はさまざまな英語教育法が登場しています。

子供が興味を持った英語教育を選んで、楽しく英語に触れる機会を増やしてください。

  • 歌の聞き流し
  • 英語のYouTubeの聞き流し
  • 英語が学べるおもちゃで遊ばせる
  • 英語教材・DVDを使う
  • 絵本の読み聞かせ

歌の聞き流し

  • BGMとして気軽に活用可能
  • 継続するうちに耳が慣れてくる
  • ネイティブの発音に触れられる

英語の歌や音楽は、BGMとして活用できる手軽さが特徴です。
継続して聞き流しをすることで、英語の音を聞き分ける力が育まれます。

明るい曲調からクラシック風の音楽まで、状況に合わせた音楽を用意しておくと便利です。

リラックスできる音楽なら、子守歌としても活用できます。 

英語のYouTubeの聞き流し


 

  • 無料で視聴できる
  • さまざまな動画から選んで利用できる
  • 視覚的な興味を引きつけやすい

無料の英語教材として活用できるのがYouTubeです。

たくさんの動画がアップロードされているため、子供の好みに合った動画を見つけられます。

赤ちゃんの興味を引くイラストやアニメーションが流れるので、楽しく英語に触れられます。

飽きてしまったら無料で他の動画を探せるので、お財布に優しいのもポイントです。

英語が学べるおもちゃで遊ばせる

  • ボタンを押すと英語が流れるおもちゃ
  • アルファベットの書かれたキューブ系のおもちゃ
  • ネイティブ音声付きの絵本

0歳向けの知育おもちゃを利用すれば、赤ちゃんが自分から進んで遊べる環境を作れます

視覚・聴覚・触覚を刺激するため、高い学習効果が期待できます。

子供の好奇心を伸ばしつつ、遊びながら英語に接する機会を増やせるのがメリットです。

数多くのおもちゃが販売されているので、子供の好みに合いそうなおもちゃを選んであげましょう。

英語教材・DVDを使う

  • 学習が体系化されている
  • レベルの高い英語学習ができる
  • 子供の興味を引く工夫がされている

クオリティの高い英語学習を取り入れたいなら、英語教材・DVDの利用が効果的です

体系的に学べる英語教材を利用すれば、子供の成長に合わせながら文法や英語表現を学べます

人気キャラクターのDVDや知育おもちゃ付きの英語教材など、子供が興味を持って英語に触れられるのがポイントです。

子供に必要な英語学習が網羅されているため、親がその他の英語教材を用意せずに済むのもメリットといえます。 

絵本の読み聞かせ

  • しかけ付きの絵本
  • 英語の音が流れる絵本
  • 動物や色などの英語が覚えられる絵本

親子で英語の絵本を一緒に読むことで、赤ちゃんは英語を「楽しい!」と思えるようになります。

供が興味を持ったページを見せながら、親が英語で読み上げていくと良いでしょう。

赤ちゃん向けの英語絵本は1ページあたりの単語数が少ないため、英語が苦手な親でも問題なく読み聞かせできます。

親子でコミュニケーションができるので、子供にとって英語や読書が楽しい時間となり、今後の成長に良い影響を与えられます。

赤ちゃんに最適な英語教材ランキング

ここからは、赤ちゃんの英語教育におすすめの教材を紹介します。

  • ディズニー英語システム
  • ワールドワイドキッズ
  • ミライコイングリッシュ
 

ディズニー英語システム

 

出典:【公式】ディズニー英語システム

サービス名

ディズニー英語システム(DWE)

対象年齢

0歳~12歳

価格

シング・アロング・セット:184,800円(税込)
プレイ・アロング・セット:52,800円(税込)

内容

DVD・CD・絵本など

公式HP

https://world-family.co.jp/

 

  • ディズニーキャラクターと楽しく学べる
  • ネイティブ講師と交流できる
  • 無料サンプルが充実

親子で楽しめる英語教材を探しているなら、ディズニー英語システム(DWE)がおすすめです。
ディズニーキャラクターと一緒に歌ったり踊ったりしながら、楽しく英語に触れられます。

会員サポートサービスを利用すれば、ネイティブ講師と交流できるイベントに参加できます。

英語をアウトプットする機会が多く、英語力の定着につながりやすいです。

無料サンプルに申し込めば「ビデオ・CD・絵本・ポスター」のセットがもらえます。
まずはディズニーキャラクターによる英語の世界を体験してみましょう。

 

\マザーズセレクション大賞3年連続受賞/
ディズニー英語システムの詳細はこちら

ワールドワイドキッズ(ベネッセ)

出典: ワールドワイドキッズ (benesse.co.jp)

サービス名

ワールドワイドキッズ(ベネッセ)

対象年齢

0歳~

価格

月額:4,500円(税込)~
一括お届け:285,560円(税込)

内容

DVD・絵本・おもちゃなど

公式HP

https://www.benesse.co.jp/wk/

  • おもちゃ教材のクオリティが高い
  • 短いアニメで飽きずに楽しめる
  • フォニックスに対応

ワールドワイドキッズは通信教育で有名なベネッセが手掛ける英語教材です。
赤ちゃんから遊べる知育おもちゃが導入されており、遊びながら英語力を養えます。

DVDは数分のアニメ集となっており、集中力が続きやすいのが特徴です。
かわいらしいアニメやナレーション付き実写動画など、バリエーションも豊富です。

「聞く・話す・書く・読む」の4技能を高めるフォニックス教材が用意されているため、英語の発音を重視する方に向いています。

ワールドワイドキッズ

 

ミライコイングリッシュ

出典:ミライコイングリッシュ

サービス名

ミライコイングリッシュ

対象年齢

0歳~8歳

価格

月額9,766円(税込

内容

DVD・CD・シール

公式HP

https://miraico-english.com/

  • リーズナブルな英語教材
  • 「毎日見るだけ30分」で英語が好きになる
  • NHK「基礎英語1」講師が監修

コスパの良い英語教材として人気があるのはミライコイングリッシュです。
一括払いで数十万~100万円ほどかかる英語教材が多い中、ミライコイングリッシュは58,600円で一括購入できます。

幼少期に必要な基礎文法や単語を学べる設計となっており、毎日30分のDVDを見るだけで自然に学ぶ習慣が身に付きます。
「聞く・話す・書く・読む」の4技能を高めるフォニックス学習に対応しており、歌やクイズでアウトプットしながら無理なく継続できます。

オンラインのサンプル映像が用意されているので、子供の反応をチェックしてから利用するのがおすすめです。

ミライコイングリッシュ

 

赤ちゃんに英語教育をする上で大切なこと

英語教育を赤ちゃんに行う際は、以下のポイントをおさえて効果的な英語教育につなげましょう。

  • 親も英語を話す
  • 楽しみながら英語に触れる
  • 英語漬けの生活にしない

親も英語を話す

赤ちゃんがより多く英語に触れる環境を作り出すためには、親が英語を話すのが一番です。

子供は周りの人の影響を受けて育つため、保護者が一緒になって英語を活用すれば学習効果は高まります。

親が英語を話せなくても問題ありません。
大切なのは親子で一緒に英語に触れ合い、楽しくコミュニケーションを取ろうという姿勢です

楽しみながら英語に触れる

0歳での英語教育は、「楽しく英語に触れられる」ことを重視しましょう。

親としては子供のためにいろいろな勉強をさせたくなるかもしれませんが、無理強いは厳禁です。

赤ちゃんにとって、楽しいと感じられるものは毎日続けられるかもしれません。

しかし、厳しく叱責されたり、関心のないものを無理やり続けさせられたりしたら、どんどん興味は失われます

赤ちゃんの表情や反応を見ながら、楽しく続けられる英語学習を取り入れましょう。

親子で一緒に英語に取り組み、親が英語を楽しんでいる様子を見せるのも有効です。 

英語漬けの生活にしない

英語学習を重視しすぎると、日本語の学習がおろそかになる可能性があります。

一日中英語の音声を聞かせ続けるのではなく、日本語と英語の両方に触れられる環境作りが大切です。

親が子供に期待するあまり、過度なプレッシャーを子供に与えてしまうおそれもあります。

赤ちゃんに負担をかけ過ぎず、親子で息抜きしながらのんびりと英語学習を継続しましょう。

赤ちゃんのうちから英語に触れさせよう!

赤ちゃんの頃から英語に慣れ親しんでおけば、生涯にわたって役立つ英語力を身に付けられます。 

  • 「L」「R」など、英語特有の発音に強くなる
  • 英語教育を積み上げた状態で小学校に上がれる
  • 英語への苦手意識を持ちにくく、受験対策に有効

英語に触れる習慣を0歳から身に付けさせて、リスニングやスピーキングに強い英語力を育みましょう!

CONTACT 掲載に関するお問い合わせ

まなびち公式SNS