【関西】スキー&スノーボードキャンプ申し込み受付中!

スキー合宿は何歳から大丈夫?小学生なら冬はウィンターキャンプがおすすめ

こんにちは。琵琶湖の自然体験施設BSCウォータースポーツセンターの小学生キャンプディレクターのたつやです。

学校のお休み期間を利用し、お子さんをスキー合宿やキャンプに参加させてあげたいと考える親御さんも多いはずです。
しかし、スキー合宿プランが多すぎて決められない方や、怪我や事故、急な体調不調などの不安が拭いきれない親御さんもいると思います。

そこで、今回はスキー合宿をおすすめする理由や料金相場、みなさんが抱える疑問点について詳しく解説します。

子供向けスキー合宿をおすすめする理由

子ども向けスキー合宿をおすすめするのには、大きく2つの理由が存在します。

①挑戦スキルが身につく

スキー合宿という親御さんと離れた環境下で、子ども達は沢山の初めての体験・挑戦をします。
ウィンタースポーツ体験や荷物管理など、苦手なことでも沢山の「初めて」にチャレンジすることで、挑戦する力が身についていくのです。

初めて会う友達と共に生活することも、子ども達にとっては大変大きな出来事であり挑戦と考えられます。
スキー合宿では、ウィンタースポーツ体験だけでなくお子さんの今後の人生にとって重要な力を身に着けることができます。

② 達成感・成功体験を得ることができる

スキー合宿中には、時に難しく困難なこともあるかもしれません。
しかし、諦めることなく挑戦し続けることによって達成・成功へと繋がっていきます。

子ども達は、スキー合宿での体験を通じ達成感と確かな成功体験を得られるのです。
これは、「自己肯定感」を高めていく為にも大変重要です。

小学生向けスキー合宿の体験内容とスケジュール

スキー合宿では、主催者によってウィンタースポーツ体験に加え夜のプログラムやお楽しみ会などの実施もあります。

スキー合宿のプログラムやスケジュールはそれぞれ異なる為、どんな内容に参加をしたいのかお子さんと一緒に検討していきましょう。

お子さんを預けるからこそ、スキー合宿への参加を決めた際はイベント概要を慎重に検討するのが重要です。

BSCウォータースポーツセンターのウィンターキャンプの主なプログラムは、以下の通りです。
BSCは琵琶湖で小学生受けのアウトドアキャンプを企画運営しています。
夏はウォータースポーツをメインに、冬は近くにスキー場が多くあるため、スキーとスノーボードのキャンプを開催しています。

▽ウィンターキャンプのプログラム内容
  • 琵琶湖でカヤック体験
  • モーターボート体験
  • スキー.スノーボードスクール
  • クリスマスリースのクラフト体験

BSCウォータースポーツセンターのウィンターキャンプのスケジュール内には、ウィンタースポーツ体験に加えてフランス語・英語講座やビンゴゲーム大会などの「夜のプログラム」も行われています。

スキー合宿の料金相場

スキー合宿の大体の料金相場は、30,000~100,000円程度です。
参加する日数や企画内容など、どんなスキー合宿に参加するかによって金額は変わります。

さらに、別途道具やウェアのレンタル費用、交通費、リフト料金もあってスキー合宿参加には多くの費用がかかります。

BSCウォータースポーツセンターの場合の費用は、以下の通りです。

▽BSCが企画しているウィンターキャンプ(2019年)の費用

2泊3日コース:税込29,700円

4泊5日コース:税込49,500円

1週間コース:【関西集合・解散】税込69,300円

       :【関東.東海集合・解散】税込94,600円

BSCウォータースポーツセンターのウィンターキャンプでは、別途スクール費用(スキー場移動費やゴンドラ・リフト代金、スクール代金など)や道具レンタル代金の支払いが必要です。

スキー合宿で必要な持ち物リスト・服装

▽持ち物リスト

・筆記用具

・洗面用具

・歯磨きセット

・ビニール袋

・タオル

・日焼け止め

・ティッシュペーパー

・ウェットティッシュ

・除菌シート

・カイロ

・リップクリーム

・ハンドクリーム

・救急用具

・腕時計

・保険証

 

▽服装

・着替え

・下着

・就寝着

・帽子やヘルメット

・ネックウォーマー

・フェイスマスク

・靴下

・靴

・手袋

・ゴーグル

・スキーウェア

・トレーナー

・フリース

・長袖シャツ

・長ズボン

・ヒートテック

スキー道具やスキーウェアなどは、レンタルも可能です。
参加予定のスキー合宿やウィンターキャンプのレンタル情報については、事前に確認を行ってください。

持ち物が多い場合、荷物の管理・整理が上手くできず日が経つごとに荷物がぐちゃぐちゃになる恐れがあります。
お子さん自身がやりやすい荷物の管理法を、一緒に考えておくのをおすすめします。

また、誰の持ち物であるのか判別できるよう、キャンプ前に持ち物全てに名前を記入しておきましょう。
なお、漫画やゲーム機などキャンプに必要のない物を持っていくのはNGです。

スキー合宿は初心者の子供でも大丈夫?

スキー合宿は、ウィンタースポーツ初心者のお子さんでも参加可能です。

いきなり、上級者コースを体験することはありません。
BSCウォータースポーツセンターのスキー合宿では、お子さん1人1人のレベルにあった指導が行われるので安心して任せることが出来ます。

スキー合宿という課外活動を通じさまざまな体験をすることで、行動力や集中力、やり抜く力などいわゆる「非認知能力」を育むことにも繋がっていきます。

「非認知能力」は、お子さんの将来に大きな影響を与える存在です。
是非、スキー合宿を通してお子さんの「非認知能力」の育成に繋げていきませんか。

関西の小学生がスキー合宿できる施設はBSC

BSCウォータースポーツセンターが企画を行っているウィンターキャンプ「世界をつなぐウィンター」には、日数の異なる3つのコースがあります。

  • 2泊3日コース(参加対象:小学1~6年生)
  • 4泊5日コース(参加対象:小学1~6年生)
  • 1週間コース  (参加対象:小学2~6年生)

ウィンタースポーツ(スキーやスノーボードなど)初心者から経験者まで、グループに分かれて各レベルに合わせた指導がなされます。
スキーが初めての方でも安心して参加できるのは大きな魅力の一つです。

キャンプでは、さまざまなウィンタースポーツに挑戦したりモーターボートに乗ったりなどバラエティー豊かな企画内容となってます。

ウィンタースポーツに参加した数日の間に、お子さんは沢山の体験・挑戦をします。
費用はかかるものの、ウィンターキャンプでの多くの経験はお子さんの今後の人生において大きな財産となることでしょう。

まとめ

今回は、スキー合宿をおすすめする理由や料金相場、よくある疑問などについて解説しました。

BSCウォータースポーツセンターでは、スキー合宿だけに留まらずウォータースポーツが中心となった「子供キャンプ」やアクティビティ体験など、さまざまなプログラムが企画されています。

日本全国から集まった子ども達とともに、現地だからこそ出来る沢山の貴重な体験を是非BSCウォータースポーツセンターのプログラムを通じて、経験していきましょう。

現在募集中のプログラムに関しての詳細も、確認可能となっています。
定員に達して締め切られてしまう前に、早速BSCウォータースポーツセンターの
公式HPをチェックしてみてください。

2020年の冬休みは、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減するため、長期日程のキャンプではなく、1泊2日のコースのみをご用意しました。

2020年スキーキャンプの情報はこちら▶︎

不定期で教育関連の情報を配信いたします
無料メールマガジンに登録する
不定期で教育関連の情報を配信いたします
無料メールマガジンに登録する