【関西】スキー&スノーボードキャンプ申し込み受付中!

【簡単解説】モンテッソーリ教育とは?デメリットや適した本や教具(おもちゃ)を紹介

「モンテッソーリ教育」は、国内外の多くの有名人が受けたとされる教育法です。
世界から注目を集めている教育方法で、日本でもモンテッソーリ教育を取り入れる幼稚園や保育園、小学校などは存在します。

しかし、日本国内でモンテッソーリ教育を受けられる園や小学校の数は未だ少ないのが現状です。
名前を耳にした事はあるものの、詳細に関して理解されていない親御さんも多いでしょう。

そこで今回の記事では、モンテッソーリ教育の基本情報やデメリット、おすすめ本などを詳しく紹介します。
モンテッソーリ教育をご存知ない方や教育に関心のある方は、是非参考にしてください。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは、イタリアの医師であるマリア・モンテッソーリによって20世紀初頭に誕生した教育法です。
参照:Wikipaedia

下記では、モンテッソーリ教育のメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。

メリット

モンテッソーリ教育のメリット
  • 自主性が身につく
  • 個性が伸ばしやすい
  • 集中力がつく

モンテッソーリ教育では、自主性を重要としています
整えられた環境下で、子ども達1人1人が自身で考え行動することで自主性や積極性が身につきます。

さらに、個々に合った教育が行われることから、個性が伸ばしやすいとのメリットも存在します。
加えて、1つの事柄に対し夢中になり取り組むことで集中力が身につくとされています。

モンテッソーリ教育では、今後の人生を歩んでいく上で重要な能力を身に着けられことが理解できるでしょう。

デメリット

モンテッソーリ教育のデメリット
  • 協調性が育ちにくい
  • 運動不足の心配
  • 活発な子どもには向かない

モンテッソーリ教育では、自主性を重要視して個々の個性を伸ばそうとするあまり、学校や社会生活で重要な協調性が育ちにくいとのデメリットが存在します。

また、モンテッソーリ教育の場合、主に室内で行われることが多いです。
そのため、お子さんの運動不足を心配する声や、外で身体を動かすのが好きな活発なお子さんには不向きとの意見も挙がっています。

モンテッソーリ教育の内容

日本の場合、義務教育時へのモンテッソーリ教育の取り入れは困難であり、主に保育園や幼稚園で受けることが可能です。
そんなモンテッソーリ教育では、発達段階を以下の4段階としています。

  • 第1段階:0~6歳(乳幼児期)
  • 第2段階:6~12歳(児童期)
  • 第3段階:12~18歳(思春期)
  • 第4段階:18~24歳(青年期)
参照:https://sainou.or.jp/montessori/about-montessori

またモンテッソーリ教育では、乳幼児期を発達段階で前期(0〜3歳)後期(3~6歳)に分けています
さらに前期には7つ、後期には5つの教育環境・分野が用意され、それぞれ異なる内容が準備されています。

このようにモンテッソーリ教育では、細かく分けられたそれぞれの段階や時期に合った教育が行われています。

モンテッソーリ教育のおすすめ本

モンテッソーリ教育に関する書籍は、大変多く出版されています。

内容に関しても、基本情報がまとまっているものや実際のエピソード、実践方法までさまざまです。
中には、イラストや漫画を記載しているものもあり自分の知りたい事柄や好みに合った選択ができます。

本を読むのが苦手な方は、読みやすさを優先しイラストや漫画が多く記載されているものを選ぶのも1つの手段です。

モンテッソーリ教育のおすすめ教具(おもちゃ)

園や学校に通う前からお子さんの持つ能力・才能を伸ばすには、自宅での教具使用がおすすめです。
教具を使用することによって、モンテッソーリ教育を自宅でも取り入れるのが可能になります。

ただし、ただ単に教具を購入するのではなく使用しやすい環境作りやサポートも重要です。
先程紹介した本なども参考にしながら、自宅の環境を整えていくことをおすすめします。

またおすすめの教具は、お子さんの伸ばしたい能力や年齢によって異なります。
それぞれに合った教具を選択・使用することが重要です。

日本の保育園・幼稚園のモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育を取り入れている保育園や幼稚園は、カトリック系中心として多く存在します。
参照:Wikipedia「モンテッソーリ教育」

また、モンテッソーリ教育を取り入れる保育園や幼稚園の多くでは、年齢の異なる子ども達が同クラスとなる「縦割りクラス」が行われています。
国内でも順調に見えるモンテッソーリ教育を取り入れた保育園・幼稚園ですが、教育の質は環境や指導を行う教師によって異なるのが現状です。

そのため、モンテッソーリ教育を取り入れた保育園や幼稚園に入園希望の際は、質や園の状況確認のために現場見学が重要です。

モンテッソーリ教育の日本と海外の違い

日本と海外では、モンテッソーリ教育の取り入れ方が大きく異なります。

国内でモンテッソーリ教育を取り入れた園や学校の数は未だ少なく、認知度もいま一つです。
一方で海外の場合、例えばアメリカではモンテッソーリ教育は全土に広まっています。

「モンテッソーリ・子どもの家」は3,000ヵ所存在するといわれ、その差は歴然です。
公立校でのプログラム導入も行われるなど、広く活動がなされています。
参照:Wikipedia「モンテッソーリ教育」

海外との差は大きいですが、日本でもモンテッソーリ教育を受けられる園や学校が増えるなど、少しずつ導入され認知度も高まりつつあります。

国内でのさらなる導入を期待しつつ、自宅でのモンテッソーリ教育の取り入れや導入されている園・学校を選択することが重要です。

モンテッソーリ教育で育った有名人

有名人
  • 藤井 聡太(将棋棋士)
  • Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス|Amazon.com創業者)
  • Sergey Brin(セルゲイ・ブリン|Google共同創業者)
  • Larry Page(ラリー・ペイジ|Google共同創業者)
  • Bill Gates(ビル・ゲイツ|Microsoft創業者)
  • Barack Obama(バラク・オバマ|前アメリカ合衆国大統領)
  • Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ|Facebook創業者)
  • Anne Frank(アンネ・フランク|「アンネの日記」著者)
  • Thomas Edison(トーマス・エジソン|発明家)

参照:https://studystudio.jp/contents/archives/38527
参照:https://chiiku-mama.com/montessori-celebrity

まとめ

今回は、モンテッソーリ教育の基本情報やデメリット、おすすめ本を紹介しました
幼稚園や保育園、小学校選びは、お子さんの人生にとって大切なポイントです。

モンテッソーリ教育について理解を深めつつ、さまざまな情報を収集して理想の園や学校を探すのが重要です。
そしてモンテッソーリ教育と合わせて、子どもの持つ「能力」をさらに伸ばしたい方は、BSCウォータースポーツセンターの体験学習がおすすめです。

BSCウォータースポーツセンターでは、全国から集まった子ども達と一緒に行う「子どもキャンプ」や国際交流、初めての方でも安心のアクティビティ体験など、たくさんの体験・挑戦ができるプログラムを企画しています。

45年以上と確かな実績を持つBSCウォータースポーツセンターで、ここでしか出来ない貴重な体験・挑戦をお子さんに経験させてあげませんか。

 

不定期で教育関連の情報を配信いたします
無料メールマガジンに登録する
不定期で教育関連の情報を配信いたします
無料メールマガジンに登録する