【夏休み】日帰り英語キャンプin京都 受付中

エンジニアの開発効率が爆上がりの開発合宿とは?メリットや関西で開発合宿するならBSC

数年前から主にエンジニアを中心に行われている「開発合宿」には、数多くのメリットがあります。
取り入れる企業が増えつつある一方、合宿先を正しく選ばなければ思うような効果は得られません。

開発合宿を行う際は、正しい選び方を知って最適な合宿先を確実に狙うのが重要です。

そこで、今回の記事は、開発合宿のメリットや選び方について徹底解説します。

関西で開発合宿をするなら、施設・設備が整ったBSCウォータースポーツセンターがおすすめです。

開発合宿とは?

開発合宿(かいはつがっしゅく)とは、温泉やリゾート地などのホテルや旅館に出向き、合宿のように寝泊りしながら集中的にソフトウェア開発をする行為のこと。IT以外の業種にも広まりつつある。

出典元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

近年では、「開発合宿向けのプラン」を提供する宿泊施設も増加しています。

開発合宿が行いやすい環境がたくさんつくられるなか、自分たちに最適な合宿先を選ぶためにも正しい知識と情報を収集し見極める力をつけるのが大切です。

開発合宿を行うメリット

開発合宿を行うメリットは、大きく4つあります。

  • 作業効率が上がる|目の前の作業だけに集中できる
  • チーム内のコミュニケーション活性化|普段接しないメンバーと話す機会が増える
  • 開発とリフレッシュを両方できる|日中は仕事、夜は美味しい食事と温泉等
  • 乱れた生活習慣をリセット|規則正しい生活が身につく

それぞれを、詳しく紹介します。

作業効率が上がる

開発合宿の最大のメリットともいえるのが、作業効率の向上です。

  • オフィスにいると他にも作業があって1つの事柄に専念できない
  • 自宅だと色んな誘惑があって集中するのが難しい

開発合宿なら、集中して作業できる環境が用意されます。
目の前にある仕事だけに集中しながら作業を行えるため、効率向上を狙うのが可能です。

チーム内のコミュニケーション活性化

開発合宿では、チーム内のメンバーがまとまった環境下で作業します。
そのため、互いに会話をする機会自体が自然と増えてコミュニケーションの活性化を狙えます。

また、開発合宿でチーム内のメンバー交流が増えれば互いに刺激を与えあい「スキルアップ」も期待できます。

オフィスの雰囲気やチームメンバーの関係性にお悩みの方にも、開発合宿はおすすめです。

開発とリフレッシュを両方できる

開発合宿なら、開発(仕事)とリフレッシュ(美味しいご飯・温泉等)の両方が実現可能です。

開発合宿を温泉やリゾート地で行えば、集中して作業を行ったあとには溜まった疲れを癒せる環境があります。
疲れを癒しながら過ごせるのはもちろん、オンオフをしっかり切り替えられるのも魅力的です。

乱れた生活習慣をリセット

開発合宿なら、普段の暮らしで乱れてしまった生活習慣をリセットできます。

生活習慣の乱れは、睡眠不足や体調不良を招く恐れがあるため生活リズムを元に戻すのが必要です。

開発合宿のなかで、きちんとした生活(早寝早起きや1日3食等)を意識すれば生活習慣の乱れを直す良いきっかけになります。

開発合宿先の選び方

開発合宿先を選ぶ上で大切なポイントは、大きく4つあります。

  • 優れたネット環境がある|大人数で使っても問題ないネット環境
  • 設備・備品が豊富|仕事をするのに最適な場所
  • 周辺環境のチェック|作業に集中できる環境があるか
  • リフレッシュ環境|疲れを癒せる環境または施設

各選び方を、それぞれ解説します。

優れたネット環境がある

優れたネット環境の有無は、開発合宿先を選ぶ上で1番重要といえる存在です。ネット環境が整備されていなければ、作業自体に影響を与える可能性があります。

  • 速度面
  • 安定性
  • Wi-Fiの有無
  • 料金発生の有無 等

開発合宿を行うには、お金がかかります。開発合宿を確実に成功させるために、作業に問題ないネット環境があるかを細かく確認するのが必要です。

設備・備品が豊富

最適な開発合宿先を選ぶなら、設備・備品が豊富で充実した時間を過ごせる場所を選ぶのをおすすめします。
特に、チームメンバーがまとまって作業できるように大人数で集合可能なお部屋があると便利です。

  • 大人数が集まれる施設
  • 会議室の有無
  • ホワイトボード
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • PC
  • お風呂の営業時間 

開発とリフレッシュの両方を実現するには、集中して作業可能かつリラックスもできる環境があるのが大切です。

作業効率をさらに上げるためにも、事前に必要な設備・備品をまとめておきます。

周辺環境のチェック

開発合宿で集中して作業を行うには、周辺環境のチェックは必須です。
騒音が気になる場所では、作業効率を妨げる恐れがあるため、ある程度落ち着いた環境の合宿先をおすすめします。

また、開発合宿先を選ぶ際は「アクセスの良さ」も大切なポイントです。
開発合宿前や合宿中に不便さを感じないために、交通手段・アクセスともに問題ない場所を選ぶのをおすすめます。

  • 会社やメンバーの自宅からの距離
  • 周辺のコンビニやスーパーの行きやすさ 

開発合宿先を選ぶ際には、注意しておきましょう。

リフレッシュ環境

  • 周辺の観光地
  • リラックスできる施設の有無
  • 自然豊かな環境

開発合宿で開発とリラックスの両方を叶えるなら、リフレッシュ環境の確保が必要です。
非日常的の場所で、温泉施設や自然豊かな環境でリラックスしながら作業効率アップを確実に狙います。

BSCウォータースポーツセンターが開発合宿におすすめの理由

BSCウォータースポーツセンターは、開発合宿をするのにとてもおすすめの場所です。今回は、BSCが開発合宿におすすめの理由を、大きく2つ紹介します。

  • 最大40名収容可能なルーム完備|充実した施設・設備環境が用意されている
  • 美しい琵琶湖湖畔でリフレッシュ可能|リフレッシュして作業効率アップを狙える

BSCには、琵琶湖の広大かつ豊かな自然と充実した設備環境があり開発合宿に適した環境です。

最大40名収容可能なルーム完備

BSCでは、セミナールーム(大小1室ずつ)をご用意しています。
各ルームの収容人数は、下記の通りです。

  • セミナールーム(大):40名
  • セミナールーム(小):18名 程度

各ルームでは広々とした空間を確保しているため、大人数での開発合宿開催も十分可能です。
施設・設備環境の充実度も高く、ホワイトボードやプロジェクターを完備しています。

美しい琵琶湖湖畔でリフレッシュ可能

開発合宿先選びで欠かせない「リフレッシュ環境」は、BSCなら確実に確保可能です。

日本一の面積の「琵琶湖」には、圧倒的な大自然が広がっています。
都会では中々出会えない広大な自然に、心身共にリフレッシュすること間違いなしです。

豊かな自然に囲まれた琵琶湖は、季節ごとに表情を変えます。
BSCは、思わず何度も訪れたくなる魅力が沢山詰まった場所です。

開発合宿をするならBSC

開発合宿は、作業効率をあげるだけでなくチーム内のメンバー同士の交流にも良い影響を与えます。

  • オフィスまたはチーム内のメンバー同士の関係をより良くしたい
  • メンバーの顔に疲れが見えるのでリフレッシュさせてあげたい
  • 作業効率の低下を感じるので新しいことを始めたい

関西で開発合宿を行うなら、BSCウォータースポーツセンターがおすすめです。
優れたネット環境や設備の準備は勿論、リフレッシュできる環境も整っています。

BSCウォータースポーツセンターで、充実した開発合宿を行ってください。