”フィッシング” こうたコーチ、春キャンプの再挑戦

2019.5.6

こんにちは、たつやです。
本日で、第8回小学生GWキャンプは無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今日は、フィッシングのこうたコーチが不漁に終わった春キャンプのリベンジとばかりに
ブラックバスを狙いにやってきました。

ゴールデンウィークに入る少し前から、BSCの桟橋あたりに大きなブラックバスが2尾確認できていたので、その2尾を狙って、BSC横の天川のアユを捕まえ、泳がせ釣り。

桟橋の下を見て回るこうたコーチ。
自分の目で、大きな魚影を確認し、一言。

 

「あのサイズは、ルアーはダメですね。アユやったら絶対釣れますよ。これは勝ちました。」

 

あまりに自信満々な感じだったので、最初の内は、釣れるのを楽しみに、こうたコーチの釣り姿を見ていました。
ただ、5分くらいで飽きてしまいクラブハウスへ戻り、諸々の作業を。

 

僕がクラブハウスにもどってから、10分後くらい経ったのでしょうか。

 

「カメラお願いします!!!」

 

こうたコーチの叫び声で目がさめる僕。
どうやら釣れたようです。

 

これまで多くのバスを釣ってきたこうたコーチ。
そんなこうたコーチの、けっこうなテンションの高さに、これは大物釣ったなと分かる僕。

 

カメラを手に、クラブハウスを出て、浜に走って向かうと、

 

 

 

まるで自分が釣ったかのように大喜びの、ウィンドサーフィンのしらいコーチ。
こうたコーチが、バスのサイズを測るためのメジャーを取りに行っている隙にバスを持ち上げて

「これはすごいわ。何年ものや??」

と、バスの年齢を気にしておられました。

 

僕も持たせてもらいましたが、かなりの重量です。
すごい引きだったのでしょう・・・。

 

メジャーを手にして帰ってきたこうたコーチ、自分が釣ったのになかなかバスを持たせてもらえません。

 

こうたコーチがこれまで釣り上げたブラックバスは最大62cm。(昨年2018年7月)
それを少し更新したそうです。63~4cmくらい。

 

ここまでの大きさになると、体高がかなり高くなるようで、立派な体になりますね。

 

春のリベンジとして釣り上げた、自己記録のブラックバスをやっとこさ持たせてもらう、こうたコーチ。
その有言実行ぶりにただただ拍手です。
よかったね、こうたコーチ。

 

今日は、こうたコーチの個人的な再挑戦でしたが、
春キャンプでのフィッシングの再挑戦企画を、近日中にお知らせいたします。
子供達にも、これくらいのサイズを釣り上げてもらいたい・・・。

関連記事