滋賀 琵琶湖 の 体験学習 施設 BSCウォータースポーツセンター 滋賀 琵琶湖 の 体験学習 施設 BSCウォータースポーツセンター  
私たちBSCは、設立以来一貫して「非日常体験、挑戦、創造、安全の高品質プログラム」を提供することに情熱をかけるチームです。
 


『あいさつ』が気持ち良い びわこ成蹊スポーツ大学のキャンパス
“日本で唯一のスポーツ大学”という“とんがり”をもち、新しいスポーツ 文化の創造へ挑戦し続ける人材を育てる、
   「びわこ成蹊スポーツ大学」
今回は、BSCと同じ“びわ湖”というフィールドで、教育の場での実体験の大切さを掲げ、
共に協力し合いながら活動している中野教授にお話をお伺 いしました。

  1学部2学科7コース体制という非常に特色のある大学で、
                   生涯スポーツ学科、 野外スポーツコースの教授である中野先生。

●先生の野外活動での専門は?
  “キャンプ”というくくりかな、子供のキャンプ。幼児からやってますね、5歳児も。
  いろいろと難しいですね...でも面白いですよ。
●BSCは中野先生にインターンシップでもお世話になっていますが・・・
  うちの大学は3年生の必修科目でインターンシップ実習っていうのがあってね、現 場実習で夏休み80時間。
   野外の現場フィールドに出て行って実習さしてもらう中 で、びわ湖の周りでいうと、ここBSCへ来たりしている。
●学生さんに伝えたいことは? 
  野外の指導者になって欲しい。ただ、野外の指導者には、社会人基礎力が全部必要。
  野外の指導者やっていこうって思ったら、スキルも当然必要やけど、人間関係であ ったり、リーダーシップであったり、 先読む
   力であったり、よく言われる、持続力、 判断力、決断力、一番必要なのは決断力って言われるんやけどね。そういう社会人
   基礎力がやっぱり指導者には必要やと思う。
●社会人基礎力ね。
  基礎力は、大学の中でインターンシップに行ったりしながら、野外のキャンプ指導 の中で養われる。
   そういうのを求めてインターンシップ実習を行ってます。
●中学生や高校生が体験学習にたくさん来られてるんですけどね、先々その生徒さんにとってプラスになることとは?
  自然との関係というのかな、自然の中での活動を重要視して中学校なんかでは自然 体験学習をされますね。
   自然を知るだけじゃなくて、知識であたまでっかちになる んじゃなくて、自然をまず感じるところから始まらないと。
   自然を感じながらいろ んなことを勉強することで自分の中に残っていく。びわ湖がどんなんかっていうの を、いろんな数値で
   知るよりも、実際にこのびわ湖の上でカヤックをしたり、ウイ ンドサーフィンをしたり、ヨットをしたりしながら、びわ湖の風を
   知ったりだとか、 水ってしょっぱくないよね、海と違うよな、というところから始まって、冷たかっ たり暖かかったりするでしょ?
   感覚を通していろんなことを学習できる、五感を通 じてね。ここでいったら、2人乗りカヤック乗るのもやっぱり意味があって、
   2人で息を合わせんかったら、どっちかがどっちかに合わせないと、まっすぐ進まない じゃないですか。
   そんなことも、言葉で道徳の時間でやるよりも、ここで実際にあ そこまで2人乗りで行けって行ってしまった方が、
   どうしたら出来るかっていうこ とを考えるわけでしょ。体験を通してやるっていうことは大きい、波があれば波が ある中でやって
   いかないかんやろし。1人乗りは1人乗りで自分にすべての世界が あるから、その中で自分で試行錯誤しながら目標の地点
   を目指す。2人乗りには2 人乗りの、1人乗りには1人乗りの、それぞれの体験に意味がある。もっといった ら、ヨットや
   ウインドは風を知らなあかんし、頭を使わんとそれを実技にもってい けない、理論がわからへんかったらね。そういう点でヨットは
   ヨットなりの良いと ころがある。
●たくさんもらうお手紙の中で、雨の中での体験でずぶ濡れになって寒くて嫌やっ たけど、なんか楽しくて頑張った...っていうのが
たくさんあるんですよ。
  生徒達に はそういうところもありますよね。 困難な状況ほど覚えてる。天気良いときいいけど、風が吹いたときのカヌーは
   忘れられへんとか。その時は嫌かもわからへんけど(笑)そん時やったことはしっかり覚 えてる。大変なこと感じた、学んだことを
   覚えてる。“苦労体験”なんでもかんで も一番上等はだめ。ちょっと困った、ちょっと難しいときにみんなトライするじゃ ない。
   協力ってめちゃめちゃ簡単なことばやけど、具体的にするのは難しい。2人 乗りカヤックなんかは原因もどっちかやし、正解も
   2人にあるし、1+1が0.5に なるのか3になるのか…体験した後、振り返りがあるとがいいね。
●話は戻りますが、インターンシップに来てくれていた○○くん。ここでは優秀な 学生さんでした。ところが先生の評価が低いのは
どうしてですか?
  ハハハ(笑)授業に出てこない。ゼミ活動にもでてこない。

−びわ湖で発見した新たな自分−
「ここへ来て何かを見つけたのかも」

●私からしたら非常に優秀な学生さんでしたが。
  それはうーん…何かBSCに来て見つけたのか認めてもらったのか、校長にね、と いうことかな。
   大学でコースを選んでいくという中で、本人はなんで野外に来たの かというとよくわからへん、あんまり明確じゃなかった。
   それがたぶん何か自分の 中で、校長の話、自然体験、子どもを指導する体験を選んでいる中で、
   何かを見つけたのかもわからんな。

 

−学校の先生方にメッセージを−

自然体験が学校教育のカリキュラムに入ってきてる
から、先生は 自分で悩まんと民間とか できる人に
一緒にコーディネーター役に なってもらう。
  先生が直接自分の興味があることはできるかも
わからんけど、自然体験なんかの場合やと、そこで
直接指導するのがなかなか難しいときには、絶対
学校の外の協力を得てやると良いと思う。
外の力を得ながら一緒にやって下さい。
やったら絶対良い自然体験ができる、社会体験も
含めて。
ただ単に社会見学も良いんやけど、実際の体験を
伴った部分で、 フィールド、直接体験できる場所に来て、なまのびわ湖を知る。
あるいは、学校の中で生徒同士が協力するような
ことを、ここでは 実体験を通してできる。
船に乗ったり、みんなで協力してご飯を 作ったり
バーベキューをやったり、学校外へ出て行って体験
できる方がより効果的な部分はでてくる。
そういうところやと思います。  
    びわこ成蹊スポーツ大学     中野 友博

   


 
  TOPへ ▲

BSC
ウォータースポーツセンター

滋賀県大津市南船路4-1
TEL:077-592-0127
FAX:077-592-1531
e-mail:info@bsc-int.co.jp